■ 四冊読んだ

雨だね
これからはひと雨ごとに秋が深まっていくのかなぁ...
読書の秋 食欲の秋だね
でも 酔っぱらってすぐに寝ちゃうけど...

A紙のweb-siteに麻婆豆腐の写真が載っていた
ふ~む
東京から戻って来たばかりなのにね
「味芳斎 支店」(ミホウサイ 東京・大門)
麻婆豆腐もさることながら
「牛肉飯」がおすすめみたい!
食べてみたいな!
A紙はすぐにリンク切れしてしまうから 食べログのページはコチラ

今まで
東京や他の街へお邪魔するときは
まず最初に探すのが鰻屋
そして うどん カレーやトンカツ 洋食屋 餃子などなど そんな感じかな
今度からは 麻婆豆腐も探さないとね
そういえば
美味しい鰻 長いこと食べてへんなぁ...


     =====     =====      =====


東京出張へは四冊持って行って
帰りの阪急の中までで 四冊とも読み終えた
ふ~ 疲れた

迂闊にも この書き手さん(ドリアン助川・明川哲也)の
新刊が出ていたのを見逃していた
あわてて図書館で借りて来た
すぐに手許にやって来たのが 嬉しいような もっと多くの人に読んでもらいたいような
ちびっと複雑な気持ち

73「あなたという国」(ドリアン助川 新潮社 ISBN9784103398318)
なんとも 不器用でまっすぐな男のお話し
だからこそ この書き手さんのお話しらしいとも云える
ニューヨークの語学学校に通う主人公
もう30を過ぎてる
同じ教室のチャーミングなウクライナ人と仲良くなるんだね
彼女とのデートのうちに
どうして拓人がニューヨークにいるのか
そして 何をしようとしているのかが明らかになる
でも このナディアは序章に過ぎず
やがて ニューヨークという街に暮らす人種の多様性
街の表情は 街区によって刻々と変わり
暮らす人って 国籍 人種はもちろん 宗教も嗜好も
考え方も目指すところも 何もかもが違う
なのに ひとつの都市として 実際に存在していることを知らされる
その包容力はとてつもなく大きいのか
それとも すでにオーバーフローしているのか...
こんなカオスのようなニューヨークを 突然襲ったのが「9.11」
なんだか知らないうちに胸が目頭が熱くなってた
ここに書かれているお話し それは夢だったのか...
ユナが愛していた映画「Wiz」を観てみたくなった
それどころか 今すぐにでもニューヨークへ行ってみたくなった
すぐに読めます
おすすめ!


74「夏は終わらない」(須賀しのぶ 集英社オレンジ文庫 ISBN9784086801409)
三ツ木高校野球部三部作の完結編
野球 それも高校野球というだけで
どうして胸を熱くして読んでしまうのだろう?
高校三年生の夏 それは負けてしまったらそれで終わりだからなのかな
そして とうとう夏の予選が始まる!
一途に何かに懸ける いいな 眩しい
可能であれば一作目「雲は湧き、光あふれて」からどうぞ
三部作と云いながら それぞれの趣は大きく異なるけどね
確かに グイグイと読ませるものがあります はい



.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-09-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 国難突破 ■ 東京罰ゲーム >>