■ アントラーズ監督更迭

ACLのノックアウトラウンド敗退の結果を受け
その翌日の今日
アントラーズが石井監督を更迭したのには驚いた
どっちかというと“陰性”の指揮官と見受けていたけど
ここで急いで解任する必要があったのかどうか...
翻って
リーグ戦のおよそ1/3を経過して
2勝 しかもホームでは未勝利の監督
解任するのが必ずしもベストとは思わないけれど
降格がリアルにちらつくなか
何がベストなのか
その決断を先延ばしにする余裕はもうないのも確か
そのリミット
今夜のルヴァンカップなのか
それとも 代表戦で休みになる前 次節のアントラーズ戦なのか...


   + + +   + + +   + + +


58「岳飛伝 7 懸軍の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN9784087455816)

今回の巻はそう驚きはなかった
平和に見えていても 時は移ろう
そして 来るべき時に備えて いろいろすることがあるんだな
国とは何なのか 考えさせられる
そして 南方で10万人が住むという街を立ち上げようと動き始める
その 無垢な発想が眩しい
ゆるやかに場面が動こうとしている
次巻以降も目が離せない...



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-05-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 5月のランチ ■ アシュラ >>