■ 勧進帳

四条河原町交差点のすぐ近くにある「築地」という喫茶店
まだちゃんとあるんだな
それに すごく流行ってる!

初めてお邪魔したのが「京都春秋座」
京都造形芸術大学内にある
斜面を上手く使った開放的なキャンパス
木ノ下歌舞伎の初日 演目は「勧進帳」
前売券は完売のため 当日券に並びました
春秋座の特設舞台で座席数は200くらいかな ほぼ満席
まず なかなか野心的な舞台に目を見張る
キャットウォークを思わせる細長く白い特設ステージ
その左右に座席が並ぶ
「勧進帳」は弁慶と富樫 丁々発止の台詞の応酬が見もの
その台詞を わかりやすくひらいてくれるのはいい
ちょっと惜しいなと思ったのは(ここって歌舞伎でもそうなんだけど)
関を通さないと宣言していた富樫の“変節”が充分に伝わって来なかったこと
ここに大きなクエスチョン!
弁慶が義経を打擲するのも 通過が決まってからだし
ラスト近くに「君たちは楽しそうだ」という心中の吐露があるけれど
これも 関を通過してから
何が富樫の心を動かしたのか その説明(解説?)が欲しかった
怪しい関西弁をあやつる巨漢の白人が弁慶
舞台の使い方 四天王と番卒を兼ねるアイデアなど
キノカブらしい楽しさは満開だったけどね
観て楽しめるのは間違いないでしょう
いい意味でも悪い意味でもキノカブへの免疫ついちゃったかな
まずまずのオススメ 公演は11/6まで
次回のキノカブは「隅田川」と「道成寺」の二幕
来春に京都と大阪で



.
[PR]
by hangzhou21 | 2016-11-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 陥落グランパス ■ 面白いお話し >>