■ a beautiful day !

それにしても気持ちがいい秋空が広がってる
空気はキリっと乾いてる
こんな日は年に何回もないから
事務所で仕事なんかしてたらアカン(でも仕方ない)
幸い 外出の予定があったから
東大阪だけどね青空の下を歩いて 秋の陽射しを満喫しました!

しっかり強めのコンプレッションタイツを着用してました
おかげさんで けっこうな坂道だったけど 筋肉系の故障はなし
(ちょっと ピリリとはきたけどね)
でもな 全身の疲労感は抜けない
ふ~ またしても サロメチールのお世話になってます
まぁ そんなこんなで
この秋三回目のイベントに参加してみて わかったこと
ボクの脚 飛び抜けてイイわけじゃないけど 全然アカンこともない
まぁ 普通ぐらいみたい
他のバイクのことはよくわからないけど
SodaStream号もまずまず普通
ただ こないだまでボクもそうだったけど
チェーンやスプロケットが真っ黒な人も結構いるんだな
これからも こまめに掃除と注油を続けることにしよう!


   + + +   + + +   + + +


「橋を架ける者たち」(木村元彦 集英社新書 ISBN9784087208498)
この書き手さん「徳は孤ならず」(集英社 ISBN:9784087807936)の方
今回は 在日のサッカーについて語っている
様々な背景を背負い それでもサッカーに打ち込んだ人たちがいたんだ
レッズの「Japanese Only」と書かれた垂れ幕にも触れ
サッカーの許では 人種も国籍も置かれた境遇も関係なくイーブンであるべきだと
熱く説いている
全くおっしゃるとおり 素直に共感できた
しかし サッカーはいろんな側面で“国別対抗戦”なわけで
ピッチ上やそこに至るまで さまざまな政治的要素が加わるのも仕方ない
そんな中紹介されていた“CONIFAワールドカップ”は斬新だった
多くの方にページを開いてもらいたい一冊ですね
すぐに読めます



.
[PR]
by hangzhou21 | 2016-10-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 銀河のしずく ■ ファンライド鏡野 >>