■ スルギくん

意気込んで購入した“女神のほほえみ”
当然 期待も大きかった!

正直がっかりした
粘りがあるのにぱさついてなんだかおいしくない
“米のだや”の社長さんから直々に炊き方のアドバイスがあったんだけど
どうもな しっくり来ない
2kg×2袋で4kgも買ったのに どないしよう... とほほ...
でも こんなはずじゃないはず!
もう一度 洗米や炊き方のアドバイスを復習
そしていろいろ調べてみた
あんまり水に浸ける時間が長いと ふにゃっとした炊きあがりになるそうなので
前夜からのタイマーセットじゃなく 朝起きて一番に研ぐ(しかもすばやく)
1~2時間の浸水が理想だそうだけど そこまで待ってられない
じゃぁ せめて氷水で30分浸水させる
お米を炊くときも 氷を入れるのはもちろん 冷たい水をお米と同量
(お米は冷水だと芯までよく吸うそうです 知らんかった!)
二合だから 粗塩をふたつまみ投入
2~3分は弱火 10分中火 5分ほど再び弱火
(炊飯器じゃなくて 例の“味わい鍋”を使用してます)
すると...
ふ~む 三回目にして上手くいきました!
お米の粒が立ってる! それにつやつや もちろん昨日までと違って美味しい!
これだと 毎日食べられます!
やっぱり 美味しいお米やったんや(慣れもあるやろうけど...)
おむすびの握り方(ゆる~くふんわりとね)や塩加減も手の内に入った!
しめしめ!

先週のレッズ戦
ハーフタイムを待たずに途中交代した青山
どんな具合か心配していたら
“ハムストリング筋損傷で全治4週間”と先日クラブから発表された
う~ 怪我人続出!
オマケに リオ五輪で塩谷と浅野が抜ける
7~8月はまともにメンバーが組めない(かもしれない)
2ndのスタートダッシュは難しいかな?
いやいや そんなことはない
この状態は 見方を変えれば すっごいチャンス!
佐々木 水本 塩谷の穴には
吉野 大谷 キムボムヨン 高橋などなど
千葉ちゃんだってかなり疲労がたまってるはず
そこに 丸谷だって レンタル先のトリニータではレギュラー張ってた
コージももう戻ってきても良さそうだしね 茶島も宮原もボランチOKだ
前線も ウタカは不動としても 寿人 宮吉 皆川 などなど...
特に 若手に期待してる!(寿人にもまだまだ期待してるけど)
この週末のヴァンフォーレ戦 思い切って選手の入替を試してみるべき
カズ 千葉 柴崎はお休みにして帯同もなし 若手で行こう
ガンガン走って
五輪組や怪我人が帰ってきても「もうポジションは無いよ」ってくらいに!

昨夜レッズの逆転勝ちで
サンフレは1stを4位か5位でフィニッシュすることが決定
上とはちびっと勝点差があるけど まだ射程距離!

   + + +   + + +   + + +

「能サポ」(能町みね子 講談社文庫 ISBN:9784062934046)
Jクラブを扱った本もとんと見なくなってる
人気ないからな 売れないしな...
四国でもかなり冷遇されている(?)「カマタマーレ讃岐」というJ2のクラブ
冷静に考えれば“カマタマーレ”とはかなりブッ飛んだクラブ名
はっきり言って 恥ずかしい(カマタマサポの方すいません!)
でも だからこそ どこか一社のスポンサー企業に頼らない県民クラブとも言えるな
愛称がない愛媛FCよりも県民受けはいいのかもしれない
そんなクラブのサポーターが書いた本なんか出して売れるのか? 心配だなぁ...
このお話し
普通の人が一人前のカマタマーレサポーターへ成長する過程を描いた日記風読み物かと思ったら
いやいや とんでもない!
四国に縁もゆかりもなくサッカーのことがよくわかってない女性(?)漫画家(?)が
仕事とはいえ カマタマーレと出会い
そして 恋していくまでの過程を ゆる~く描いたコミックエッセイでした
名(迷?)著「オトン、サッカー場へ行こう!」(吉崎エイジーニョ 新潮社 ISBN:9784103193319)
のようなノリかなと思っていただけに... 肩透かしだけど
結局 底にあるものは同じ
だんだんと クラブが愛おしくなって とうとう恋におちる!
最初はすぐ近くにいたのに
強くなってステージが上がる(地域リーグからJFL そしてJへ)にしたがって
その手からだんだん離れていくんだね
選手たちも入れ替わってしまうし...
最後の方にはそんな淋しさもにじみ出てるな(突然のお別れも淋しいけど)
冒頭 この書き手さんがカマタマーレ贔屓になるきっかけがね ゆるくていいです
瀬戸の花嫁に「スタンドにうどん持込禁止」そんな時代の生島スタジアムへ行きたかったな
全編に登場する「スルギくん」ともうひとつの主役「うどん」がステキ!
JFLやJ3 もしかしたら地域リーグ 今 そんなポジションにいるクラブの皆さんにおすすめ!
あっと云う間に読めてしまうし 読む価値あると思う
[PR]
by hangzhou21 | 2016-06-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ バリウムでダウン ■ 読書三昧 >>