■ 韓国で映画を二本

大邱で拝見したのは「アガシ/お嬢さん」この日が封切りでした
「オールドボーイ」のパクチャヌク監督の新作
平日の昼間だったのに7割以上入ってました!
名作かどうかはわからないけど 映像が美しいのは間違いない
でもなぁ 万人に受けるかな?
騙しあうお話しなんだけどいろんな意味で表現がキョーレツなのね
ハジョンウやキムミニはわからんでもないけど
まだ若い(であろう)キムテリがこんな役やってもいいのかな?
彼女は「おしん」のときの小林綾子を彷彿とさせますね
日本でも公開されるとは思うけど オススメできるかはビミョ~

ソウルで観たのは「哭声」
こちらもずいぶんとヒットしているお話し

どうもすっきりしない ホラーでもないし ミステリーでもなく
そして 結局 謎が謎のまま とうとう明かされないのが消化不良
國村隼が重要な役で出演して すごい存在感
ファンジョンミンが意外な役でびっくりしたけど
彼はどんな役でも演じてしまうんだね
狂言回しの警官はクァクドウォン 10年前ならソンガンホがやってたのかな?
監督のナホンジンは「チェイサー」「哀しき獣」の人
それらに比べると お話しの切れ味がなぁ どうも...
結局 國村隼は「悪魔」なのではなく「悪魔祓い」をしていたのか...

本当は
「猟奇的な彼女2」を観る予定してたけど
あんまり人気なかったのかな ソウルでの上映は終了してました
残念って気もするけど
やっぱり 前作はとてつもなく強烈なインパクトがあったお話しだし
続編は観なくてよかったのかも(しれんな...)

もう買うのはやめておこうと思っていたのに
「傷だらけのふたり」と「新世界」
ファンジョンミン主演の二本 DVD買ってしまった
いま 韓国ではCDやDVDって買うのがどんどん難しくなってる
これもさんざん探し回って 光化門のキョボ文庫でようやく見つけた

この日のお昼は清涼里
在来市場の路地の奥にある「光州食堂」で“チャングッチャン”
日本風にいうなら“納豆鍋定食”ってとこですか
小さなお鍋で出てくる炊き立てのご飯が素敵!
でも 探すのにも入るのにもかなり勇気がいるかな
[PR]
by hangzhou21 | 2016-06-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 行列 ■ WIAWIS >>