■ 週末は堺(の予定)

この週末
世間は「競馬の祭典」日本ダービーで盛り上がっているはず
だけど
ボクはちびっと違うことをする予定(あくまでも予定だけどね)
天気はどうかな~?

うかつにも知らなかったんだけど
ツアーオブジャパン」という(一応)国内最高峰の自転車レースの開幕戦が大阪である
その「堺ステージ」が5/29に開催
会場は阪和線の「百舌鳥駅」からスグみたい
お祭りみたいに盛り上がっているのかな いろんなグッズ売ってるかな?
14時前がスタートのようなので
長居の「一心」でうどんをいただいてから行こうかな

この大会のweb-site(何故かPCで見るとレイアウトが大きく崩れてるんだけど)で紹介されている
深清鮓」でご自慢の“穴子寿司”をいただいて
これも web-siteで紹介されていた「湊潮湯」で一風呂浴びてさっぱりしよう
調べてみたら “飯炊き仙人”がいらっしゃる「銀シャリ屋 ゲコ亭」も近い
でも ここ 閉る時間が早いみたい
他にも 「長岡」という天丼とおそばのお店もあるのか
ちょっと遠いけど 宿院には「ひだまり庵」という肉屋さんも魅力的!
帰りはビールでも飲んで 南海本線の「湊駅」から のんびり帰ろう
堺も奥が深いなぁ...
しかし
自転車レースを見に行くのか
堺へ観光へ行くのか ようわからんな

   + + +   + + +   + + +

あのお話しは なんというお話しやったかなぁと
擦り切れかかった記憶の襞を紐解くことがある
「フリッカー、あるいは映画の魔(上下)」(セオドア・ローザック 文春文庫 ISBN:9784167136215)
これもそんな一冊
大して中味は憶えていないけど 謎が謎を呼びめくりめくアナログ映画の世界に酔いしれる
まぁそんな感じだった(かな?)
とっても長いお話しで再読しようという元気はないけどね

S紙の読書コーナーで紹介されていた
「ゼロヴィル」(スティーヴ・エリクソン 白水社 ISBN:9784560084892)
その紹介文に「フリッカー~」が書かれているのを見て 久しぶりに思い出したわけだ
検索してみたら 図書館に入っているみたい
今の予約ラッシュが一段落したら借りて読んでみよう

こちらは書店さんで見かけて嬉しくなった
「いのち買うてくれ」(好村兼一 徳間書店 ISBN:9784198641511)
この書き手さん たくさん書く人じゃないから 久々の新刊
楽しみ!
図書館にはまだ入ってないみたいだけど 買おうかな借りようかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2016-05-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ディストラクション・ベイビーズ ■ ムシさん >>