■ 雁木(がんぎ)

がっくしうなだれ 山陽道を東へ走る
夕暮れの空には大きな月が出てる
福山西で降りそうになるかなと思ったけど そんなことはなかった...
こないだ広島へ寄ったときには
「蓬莱」で天津飯を食べようと思っていたのに すっかり忘れてた
教えてもらった八丁堀YMCAそばにある「悟空」へ(まずまず)
近くにある「くにまつ」ってラーメン屋さん(ラーメン屋に見えないけど)
長~い行列が出来てました(次回はここかな?)

途中
胡町の電停(三越向い側の賀茂鶴オアシス)から
北に上がって「ちから」近くにあるかっこいい酒屋「酒商山田」さん
ここで 岩国「雁木」二本と高知の「土佐しらぎく」を買いました
要冷蔵の生酒を持って帰れるように
Qちゃんにはちゃんと保冷剤を入れたクーラーボックス積んでました!

サンフレはチームの状態がかなり悪いのかもしれない
ボールのロストが多いし上に パスもなかなか収まらない
ミカもカッシーも全然機能してないし
ウタカはまるでヤル気が感じられない
アオちゃんもこの日400試合目のカズも冴えないね
ディフェンス陣も集中力がキレてた?
これで勝てるほどガンバは甘くない...
1stはもうムリだな(きっと)
もうこれ以上 勝点を失わないために
いろんな意味で立て直しが必要と感じた

   + + +   + + +   + + +

「海よりもなお深く」(八丁堀シネツイン)
今日が初日
観る予定はなかったけど N紙で絶賛されていたので
昼からだらだら酒を飲んでいるよりもマシかなっと...
打ちのめされた
このお話しには ヒーローもスーパーマンも出てこない
何かにすがりついて でもその場しのぎで生きてきた でかいだけの冴えないおっさんが主人公
すがりつきたいのは 別れた妻であり残した子であり
そして ありもしない自分の才能なんだ
ボクには 別れた妻も残した子もいないし 自分の才能だって信じていないけど
身に迫るのは キョーレツな圧迫感 息苦しい
こうしたいんだろうな ああしたいんだろうなと 手に取るようにわかる
台風の夜 タコの形を借りた滑り台の中
この一瞬こそがこのおっさんのユートピアだったのかもしれない
達者な役者が揃っている中 奥さん役の真木洋子 同僚役の池松壮亮が特にいい
オススメ
[PR]
by hangzhou21 | 2016-05-21 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 仙介 ■ 久しぶりに歌舞伎でも >>