■ 久しぶりに歌舞伎でも

こちらも
春先のクソ忙しいときに気になってたけど そのままになってた
京都の南座 耐震に問題があるということで
暮れの顔見世とその次の年初の公演がが終ってからず~っと“休場”している
なんかショック!
平成になってから大改装をしたし ついこないだ檜舞台も張り替えてたと思う
恒例になっていた 春先の吉弥さんの鑑賞教室も今年はないみたい
(そういえば 夏にやる我當さんの鑑賞教室 今はどうなっているのかな?)
もし 耐震改修工事をするにしても 今年の顔見世はムリなんやろな きっと
すると 松竹座? それとも新歌舞伎座?

夏というと
文楽劇場で「上方歌舞伎会」(今年は8/24・25)がある
そんなことを思い出していたら「あべの歌舞伎」というのがあるそうだ
しかも“第二回”だというから 去年からスタートしたのね
7/29~8/1の4日間 会場は近鉄アート舘
ふむふむ こういう小さい公演もいいよね

ついでに調べたのが
木ノ下歌舞伎
「渡海屋・大物浦」を東京・名古屋・豊川で もうすぐ公演するみたい(関西はないのね)
11月には「勧進帳」を松本・豊橋・京都(なんと春秋座!)・北九州でやるのか
春秋座ってハコがでかいけど大丈夫? でもワクワクするな

やっぱり関西に居るのはいいな
(愛媛にも内子座はあるけどね)
[PR]
by hangzhou21 | 2016-05-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 雁木(がんぎ) ■ サイクルイベント >>