■ 少年時代

堺だと思ってたら
お邪魔したオフィスの所在地は和泉市
まぁ いずれにせよ 遠いのには違いない!
午前中はそのための企画書をよたよたと必死になってこさえてた
もちろん 手抜きでたいしたことはないけどね
ただ こういうのを考えてカタチにするのはキライじゃない
手応えは あるようなないような どうなるかな?
中百舌鳥で乗り換えるから
長居で途中下車して「一心」に寄ってうどんをいただく お久しぶりです...

サンフレは金曜のナイトゲーム ホームでレイソル

元気なくスコアレスドロー
寿人はまたもやベンチ外か...

   + + +   + + +   + + +

「少年時代(上下)」(ロバート・マキャモン 文藝春秋 ISBN:9784163154107)
いいお話しだな
こどもの頃って 時間の流れが恐ろしいほどゆるやかだったことを思い出してた
いろんなエピソードがてんこ盛りなんだけど
一番気に入ったのは 夏休みを迎えたこどもたちが大空を舞い上がるところかな
ボクの場合はここまでの開放感はなかったけど
こどもたちの気持ちはよくわかる!
あと ボクにもロケット号があったらなぁ!
いいご両親と友だちに恵まれて ほんと楽しみながら大きくなったんだね
人種差別に大型ショッピングセンターの進出か... 時代の流れだね
何年かしたら また 読みたいと思うかもしれない
(結構ツカはあるけど)おすすめ!
もっとも 新刊(書店さん)では手に入らないけどね
[PR]
by hangzhou21 | 2016-05-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 大連で空揚げ ■ 積読の山 >>