■ 本

読めるなぁ
しみじみと嬉しい
今朝 早くから開いている梅田駅のブックファーストの棚を見てたら
万城目学の新刊が積んであった「バベル九朔」(角川書店 ISBN:9784041034644)
三月に出ていたのに 全然気が付かなかった
これは“イカン”というよりも“成功!”なのかもしれない
すっかり 本を借りる派になっているから
新刊のアンテナをそんなに立ててはイケナイのだ

でも 気になって調べてみると
なんと僕僕先生シリーズの新刊 去年の八月末に出てた
「恋せよ魂魄」(仁木英之 新潮社 ISBN:9784103030591)
う~む これは“迂闊”かもしれない
出たばっかりで これは買って読もうと思っているのが
「ゴールハンターバイブル」(佐藤寿人 カンゼン ISBN:9784862553447)

日経の夕刊「鑑賞術」に池上冬樹が「青春小説の味わい」というコラム 四回シリーズ
以下の10タイトルを紹介してる
「夜のピクニック」(恩田陸 新潮文庫 ISBN:9784101234175)
「ア・ルース・ボーイ」(佐伯一麦 新潮文庫 ISBN:9784101342115)
「風が強く吹いている」(三浦しをん 新潮文庫 ISBN:9784101167589)
「DIVE」(森絵都 角川文庫 ISBN:9784043791033)
「青が散る」(宮本輝 文春文庫 ISBN:9784167348229)
「カラフル」(森絵都 文春文庫 ISBN:9784167741013)
「少年時代」(ロバート・マキャモン ヴィレッジブックス ISBN:9784863327856)
「キャリー」(スティーヴン・キング 新潮文庫 ISBN:9784102193044)
「バトルロワイヤル」(高見広春 幻冬舎文庫 ISBN:9784344402706)
「疾走」(重松清 角川文庫 ISBN:9784043646029)
懐かしいお話しもあれば 未読のものもある
読んでいないものはきっともう古典と呼んでもいいものだろうから
図書館かブックオフで出会えるでしょう きっと
すぐに順番がまわってくるわけじゃないから
忘れないようにね...
「青が散る」もう一度読みたいな

ついでに
ボクの好みの書き手さんが揃って新刊を出してるので書留ておこうか
「あるいは修羅の十億年」(古川日出男 集英社 ISBN:9784087716573)
「森は知っている」(吉田修一 幻冬舎 ISBN:9784344027541)
「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(小路幸也 集英社 ISBN:9784087754292)
そろそろ ロバート・ゴダードの新刊も出るかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2016-04-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 磐田へ行くことと梅丹を応援... ■ 新鮮 >>