■ サラリーマン転覆隊

少し前 何かで見かけて
面白そうだからチェックしていた「サラリーマン転覆隊」
これ読もうと思って 図書館の蔵書を検索したら
上下巻組で 上はあるのに下はない
破損したのか 返却がなかったのか...
連携している図書館の横断検索を利用すると 徳島県立図書館にあるみたい
でも
そこまでしてもなぁ... 学術書じゃないから 手続きが恥ずかしいし 正直面倒くさいな
古い本だから 絶版になっていて 新刊ではもう手に入らない
取り合えず “上”だけ図書館で借りた

いろいろ調べると
ネット経由で古本を買えるのね 実に便利な世の中になった
(実は 何年か前にも利用したのにすっかり忘れてた!)

今回はamazon経由でヒットしたこのシリーズの4アイテムを申込む
絶版だけど まぁ こんなものかな
書籍の代金が数百円 発送料も数百円
そうか~
ブックオフのリアル書店をぐるぐる回って探すよりも 簡単で早くて安い!
「探す時間を読む時間に使おう!」って感じやね
う~む
ネットで本(古書)を買う便利さに目覚めてしまったなぁ...

新刊の書店さんに偵察へ行き
面陳されているのを見かけ 懐かしい気持ちになる
やっぱり 村上勉さんのイラスト
繊細なタッチのスミ そして色使いが好きなんだな
これは やっぱり買って読もうか
「だれもが知ってる小さな国」(有川浩 講談社 ISBN:9784062197977)
そういえば
「コロボックル絵物語」(有川浩 講談社 ISBN:9784062189064)
これも店頭に並んだとき 気にはなってたんだけどな...


     =====     =====      =====


「サラリーマン転覆隊が行く!(上)」(本田亮 フレーベル館 ISBN:4577701200 絶版)

抱腹絶倒とはこういうことなのか
バブルはなやかしり頃 都会を闊歩していたのもサラリーマンなら
日本の川をカヌーで遊びまくっていたのもサラリーマンなんだね
とにかく
超一流企業のサラリーマンたちが 体力にものを言わせ
(少しはカネにも ものを言わせてるけどね)
日本各地の川にカヌーで挑戦しまくってる
読んでいて 単純に面白い
ボクも本の少しだけカヌーをしたことがあるので
その面白さがしっかり伝わってくる
川でも面白い キャンプも面白い
新たな隊員をスカウトするのも面白い 前夜祭も面白いし
後日譚も面白い!
よくぞ 大怪我したり死んだりしなかったもんだ~!
なんだか 大昔の椎名誠を読んでいるみたいな感じ
カヌーをすることはもうないだろうけど
気の合った仲間とアウトドアで遊びたいな
続巻もあるようなので 楽しみ!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-11-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ スクールジャージ ■ 悲喜こもごも >>