■ 悲喜こもごも

雨になった
目覚めると雨音
まぁ 昨日のゲーム中に降らなくてよかった
いつもの昼過ぎの便で松山へ戻る
曇天 雨は降ってないけど妙に暑い
手早く着替えて 重信川のコース
さすがに晩秋 夕方はすぐに暗くなるからなぁ 1時間半で37kmほど
なんか夏のような暑さ シャワーの後のビールが旨い!

昨日のサンフレは快勝
今日 J2の愛媛FCはどうかな? 雨の京都でサンガに競り勝ってる!
これで 昇格プレーオフ出場がかなり濃厚になった
それどころか うまくいけば 一回戦はホームで出来るかもしれない
残り 次節はアウェイで自動昇格を目指す3位のアビスパ
ラストはホームでヴォルディス
一方
JFL昇格を目指す地域リーグ決勝大会の一次ラウンド
金曜に辛勝した今治FC 土曜は負けてしまい 今日は引分からPK勝ち
残念ながら届かなかった 決勝ラウンドへ進めず
来季のJFL昇格はなくなってる...


     =====     =====      =====


「ボクは坊さん。」(白川密成 ミシマ社 ISBN:9784903908168)

思っていたよりも真面目なお話し
もっと軽いノリなのかと思っていたので 正直 面喰った
大学を出て すぐに 四国遍路八十八ヶ寺の一つ永福寺の住職になったこの書き手さん
普通の大学を出て 普通の就職をしたのかと思っていたら
ちゃんと高野山大学を出てる
しっかりと若い頃から“坊さん”になる準備と覚悟をしていたんだ`とわかる
住職になるタイミングが少し早くなっただけ(“だけ”とは失礼だけど...)
現在の社会において お寺とは 坊主とは 仏教とは?
そういうことに正面から取組んで 真面目に考えている
そして 外から見ていた住職となってみて知った住職を素直に対比させ驚き悩む
してみたいことと期待されていることも違うんだな
真面目だけど 難しいお話しではなく 面白いです
野球とかバリカンとかね
面白いだけではなく「ととのえる」という考え方は参考になりました
スグに読めます まずまずのおすすめ!
“お坊さんもの”(そんなジャンルあるのか?)では宗派は違うんだけど
「食う寝る坐る」(野々村馨 新潮文庫 ISBN:9784101231310)
これも とってもオススメです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2015-11-08 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ サラリーマン転覆隊 ■ 万博で凱歌! >>