■ なかやと玉椿

甥っ子と飲む
どない? 元気にしてるか? などと話すうちに打ち解け
「最近バーに興味がある」とか「ジャズを聴きたい」とか飛び出してきた!
まぁ いつのまにかすっかり大人になったもんだ
でも 色気だけはちっともない いいのか悪いのか
佐野さん(仮名)も一緒だから
大人への階段というよりも通過儀礼というか一般教養なのか
あれこれと もうすでに役に立たないと思っていた蘊蓄を押し付ける
いつまでも子供だと思っていたのにな(実際は27やったかな?)
これでな ほんの少しでいいから本を読んでくれたらいいのにな

神保町に「なかや」という鰻屋があって
かれこれ30年ほど前から幾度となく行ってる
もちろん顔が売れてるほどには通ってない
で 浅草橋にも「なかや」があるとは知っていたけど
お邪魔するチャンスもないなと思っていたら
ひょんなことで この老舗の浅草橋のお店へもお邪魔出来た
残念ながら ボクは昨日の昼も鰻だった(神保町の方ね)から
肝焼き串で飲んでただけ
甥っ子は「凄く美味しい!」と申しておりました
「馬鹿!そんな軽々しく“凄く美味しい”などと言うな」と諭しておいたけどね
(調べてみると仲御徒町にも「なかや」という鰻屋あるみたいです!)

昨夜もお邪魔してた「玉椿」へ寄り道
正直云って気に入った!
ただ 仕舞うのがちと早すぎないか?
ちびっと大人になった甥っ子と
もう少しあほな話しをしていたかった...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-10-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 黒駒勝蔵 ■ 上京 >>