■ 激走!

「エスケープ」(佐藤喬 辰巳出版 ISBN:9784777815074)
これを昨晩 一気読み
息をするのを忘れてしまうほど ドキドキしながら読んだ
逃げ切れるのか 吸収されるのか...
リアルなレースってこんなふうに進んでいき
選手たちはこんなことを考えながらペダルを踏んでいるのか!


高揚した気分のまま
「確かこんなお話しを買ったまま どこかに積まれたままになっているハズ!」
そう思い出して ごそごそ探し出したのが
「激走!日本アルプス大縦断」(NHKスペシャル取材班 集英社 ISBN:9784087815276)
調べてみると もう2年以上 肥やしになっていた
さっそく カバーを掛けた 面白いかな?

もう何ヶ月も前に頼んでいた
愛媛FCのサイクルジャージともう一枚!
昨日 やっと届いた
注文したこと自体をすっかり忘れてた!
サイズは「M」なんだけど
秋の食欲大増進中!
最近 ちびっとウェイトオーバー気味(しまったな)
まぁ このジャージがぴったりになるよう 頑張って乗ることにしよう!


     =====     =====      =====


「エスケープ」(佐藤喬 辰巳出版 ISBN:9784777815074)

逃げ切れ!
2014年の全日本選手権ロードレース
このレースに参加した選手たちの人間模様を描いている
ロードレースは速い選手が勝つという単純なものではない
15.8kmのコースを16周 252.8kmを走り抜く
(当日は天候を理由に 14周221.2kmに短縮された)
優勝タイムは5時間41分49秒(平均38.8km/h!)
この間 チームや個人の思惑が交錯し
ゴールへ向け 目まぐるしく駆け引きが行われている
選手たちは何を思い脚を動かしていたのか
きっちりと取材したのだとわかる
実際のレース こんなふうに行われているのか
有力選手は 他のメンバーの顔色を伺い
自分の脚と他の選手の脚を冷静に計算 そして チームの戦術を加味し
レースを組み立てていく
そこには必然もあれば偶然もあり 自覚もあれば不覚もあるのか
ロードレースが好きな方は相当楽しめる
でも そうじゃない方にとって
もう少し 人物の背景の掘り下げがあった方が良かったのではないかな
選手たちのモチベーションの源泉が何なのか
お金なのか名誉なのか それとももっと別のものなのか
さらに 選手を取り巻くチームや監督 そして家族のことも書き込めば
よりわかりやすかったのかもしれないし
ラストにこみ上げてくるものが大きかったかもしれない
そうすると あと100ページは必要なのかもしれないし
書き手さんは クールに抑えた筆致でテキストを書きたかったのかもしれないけど...
そんなこんなを思いながら 一気読み!
すぐに読めます
そして ロードバイクで思いっきりもがいてみたくなるのは間違いなし!
おすすめ!
併せて「サクリファイス」(近藤史恵 新潮文庫 ISBN:9784101312613)もどうぞ!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 心中天網島 ■ 四冊お買い上げ! >>