■ 私の履歴書

あっと言う間に八月終る
お盆を越え台風が過ぎ去り すっかり猛暑が落ち着いてラクになった
この夏もノーエアコンで過ごせた(残暑がぶり返さなければ!)

日経の「私の履歴書」
八月は脚本家の倉本總
75年の「前略おふくろさま」81年の「北の国から」やは同時進行で楽しませてもらった
ボクが北海道へ憧れた原因の一端は彼が書いたTVドラマだった
富良野にも美瑛にもお邪魔したけど 麓郷へは行かなかったけどね
この人がどんな人で どんな風に生きてきたのか
興味深くかつ楽しく読ませてもらった
それに あの頃って本当にTVドラマの全盛期だったんだ
この連載が終るのは淋しい
先月は女優の浅丘ルリ子 こちらも 面白かった!
二ヶ月間 毎朝楽しみにして読ませてもらいました
九月からは元に戻って経済界から キリンビールの元社長荒蒔康一郎氏です


同じく日経に連載されている週代わりのシリーズ物「体・験・学」
今週は競馬担当の野元記者がハングルにチャレンジする「韓国語に引き込まれ」
これ なかなか面白そう
ボクも 毎回ソウルへ居るときは ハングルにチャレンジしようと思うのだけれど
帰りの機内でキレイに忘れる その繰り返し...
野元記者のチャレンジが楽しみ!


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「魔法をかける」(原晋 講談社 ISBN:9784062195171)

強い人なんだ
そして素直にフラットに 過去を振り返ることができる人だな
2015年新春の箱根駅伝で初優勝を飾った青山学院大学 その駅伝部の監督
そういえばこの書き手さんの紹介する記事には
「営業マン」とか「ワクワク大作戦」という見出しがあった(ような気がする)
原晋という人間がどういう人間で
どういう来歴の中でどういう指導をしてきたのか
練習のノウハウではなく
その考え方や精神的な部分ではこうでしたよと
とてもわかりやすく書いてる
駅伝や陸上の指南書では決してなくて
組織とはリーダーとはという視点で教えてくれる
だから
普通の会社の課長さんや部長さんなんかにとって
かなり使える(かもしれない)お話しとなっている
全てを真似はできないかもしれないけど
すぐに 今日から真似できることも少なくない(と思う)
この書き手さん
きっと いろんなことを良く見て吸収出来るんだろうな
駅伝というキーワードではなく
多くのサラリーマンに読んでもらいたい
すぐに読めます まずまずのオススメです
[PR]
by hangzhou21 | 2015-08-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 8月のお昼 ■ 五割増し >>