■ 退院

昨夜
ショップに連絡してみると「整備終ってますょ」とのこと
喜んでQちゃんで受け取りに行った
チューブに落としたナット アルミだから磁石ではくっつかないね(とほほ...)
とにかく 無事に退院してくれて良かった
BBもバラして整備しておきました とのこと
もちろん まだ駆けてないけど きっと 絶好調になってるでしょう
工賃はサービスですって うれしいお返事!
でも それじゃあまりにも申し訳ない
たいして高くはないけどソックスとサプリを買いました
ほんま ありがとうございます!
そうこうしているうちに
今日は今日で
通販でポチっと買ってしまった
ツールケースとグローブが到着
これらは明日さっそくデビューの予定

このところ
図書館から借りている目の前にある本を読むのに必死
新しい情報は 主に新聞の読書コーナーになってる
暑いのだけが理由ではなく 書店さんへ寄るのはちょっと億劫
そうか~ 通勤途上に何軒も大きい書店さんがあった大阪はなんと恵まれていることか!
それに 移動はどうしてもクルマ中心になるから
郊外型で大きい駐車場はあるものの わざわざ途中で書店さんには入らない
その品揃えもだいたい想像できるしね

そんな中でも ピンっと来て
これは買おうかなと思ったのが
「武士道ジェネレーション」(誉田哲也 文藝春秋 ISBN:9784163903002)
あの“武士道シリーズ”もう完結していると思ってたら 新しいのが出てるんだ!
6年ぶりだそうです
どんなお話しだったのか すっかり忘れちゃったけど
主人公の二人の女の子が うちにいた若いの二人になんかそっくりで面白かったな
香織と早苗がどんなふうに成長しているのか 楽しみ!
そして
「風のヒルクライム」(加部鈴子 岩崎書店 ISBN:9784265057870)
書き手さんも版元さんも全く存じ上げないんだけど 児童向けなのようですね
タイトルがいい!
それに調べてみたら 買うまでもなく もう図書館に入ってる!(さっそく予約しました!)
どんなお話しかな? 楽しみ!
そういえば
坊さんの川西蘭の「セカンドウインド」続きはどないなってんねん!
まぁ それはともかく
面白いお話しに出会おうと思ったら
やっぱり たまには書店さんの棚を見てまわらないとアカンね
あと
「ツンドラ・サバイバル」(服部文祥 みすず書房 ISBN:9784622079187)
これも気になってます!
それに
92万部も印刷されるという「文藝春秋9月号」
芥川賞受賞作の「火花」と「スクラップ・アンド・ビルド」が掲載されるしね
これは買わないとあかんね(何時読むかは別にして!)


     =====     =====      =====


「ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン」(小路幸也 集英社 ISBN:9784087754247)

なんだかホッとするお話し
この「東京バンドワゴン・シリーズ」とうとう10作目 一作目が出たのが2006年4月
調べてみると ボクはその年の8月に読んでるみたい
いつものようなお話し それにしても出てくる人 増えたな
毒にもクスリにもならないようなお話しが続くわけだけど
そうよね 日常ってこういう日々の積み重ね
誰かが誰かに恋するとか 受験勉強を頑張って進学するとかね
それにしても
この堀田家の朝ごはんの会話は面白い
これだけの人数分 毎食毎食ご飯の準備は大変だろうな
それに 毎月のこの家の家計ってどうなってるんだろうかと ちびっと心配
来年もまた この時期に堀田家の日常を覗き見してるんだろうな きっと
すぐに読めるけど
出来れば 一作目(文庫化されてます)からお読みください
[PR]
by hangzhou21 | 2015-08-07 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 大崎上島ライド ■ 8月6日 >>