■ この夏もノーエアコンデイズ(の予定)

真夏日も熱帯夜もないなぁなんて思っていたのに
一気に両方ともやって来た! 暑い!
扇風機と竹シーツを押入れから出してきて セットする
この夏も ノーエアコンデイズを実践する予定 乗り切れるかな?

気温が上がって来たためか
キュウリやナスがぐっと安くなってる!
ここ数年 夏は(夏だけじゃないけど)“身欠き鰊とナスの炊いたの素麺入り”
これを美味しくこさえられるように一生懸命にお稽古している
とにかく 松山のナスはものごっつい長くて安い!
春先のうちに大阪で買っておいた身欠き鰊は冷凍庫に常備してある
何度も何度も試行錯誤して ネットでも調べて
ようやく 母親がこさえてくれる味に近づけたかなという手応え
これね
こさえてすぐでもいいんだけど 実は翌日冷蔵庫で冷えたのも美味しい
ナスが安くてたっぷりあるあいだに どんどん腕を上げよう!

今回使ったナスは“庄屋大長ナス”というナスでした
ミョウガやシシトウも安く出回ってるし
この夏は桃も精力的に食べる予定!
こうして 暑い夏を乗り切るぞ!


     =====     =====      =====


「白球は時空を超えて」(チームまゆきよ ミライカナイ ISBN:9784907333058)

この春のセンバツ(2015年第87回)に21世紀枠で出場した松山東高校のお話し
甲子園のアルプススタンドは大フィーバーだったけど
実は このとき松山の街も沸きかえっていた
その松山東高校の野球部の歴史やセンバツの試合を振り返るという内容
各地にあるであろう名門高校ってこんなんだろうなと思わせる
幾多の先輩がいて いろんなところで活躍している
そして 82年ぶりのセンバツ出場 街が盛り上がらないわけがない

このお話し 感動的なドキュメントかというと
中身の大部分は“野球部史”
当然 ボクは同校や野球部のOBでもなく いや 眠くなる...
もう少し 周辺の街の中の話題や 一つ上の先輩たちのサイドストーリーがあった方が良かったかな
トレーナーのお話しは 実に興味深かっただけに
野球部の先輩たちの些細な内輪話が多いのがもったいない
これじゃ本当に“野球部史”のノリだ!
編集者と書き手さんの間に 意識のズレがあったんだろうな きっと
翻って ボクの出身高校
あんなに(距離的に)甲子園に近いのに
今まで出たこともないのはもちろん 近づいたことも記憶にない...
だから この手の本が出ることは 絶対にない(残念ながら)
「甲子園」って
書いてしまえばたった三文字なのに
いやはや なんとも不思議な魅力を持っているんだなと改めて思い知らされる
先日 愛媛県予選が始まったばかり
この春 二回戦で惜敗した東校のナイン
この夏も甲子園は君たちを待ってるょ(きっとね)
同窓生や関係者にとっては間違いなく“愛蔵版”
でもそうじゃない人には どうかな...?
[PR]
by hangzhou21 | 2015-07-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 料理のレシピ ■ 安産 >>