■ 勝手に“梅雨明け宣言”!

数冊本を買ったばかりだというのに
続々と予約本確保のお知らせが届く
まぁ 予約したのは自分だから仕方ない

台湾ものと俳句の青春もの
「台湾の歓び」(四方田犬彦 岩波書店 ISBN:9784000610100)
「歩道橋の魔術師」(呉明益 白水社 ISBN:9784560090398)
「春や春」(森谷明子 光文社 ISBN:9784334910259)
ぼちぼち読むことにします
ついでに 気になっていた 台湾ものの
「流」(東山彰良 講談社 ISBN:9784062194853)
これに予約を入れときました
こちら 順番が10番目だから 二月以上かかるかな?


昨日の昼前
空一面が暗くなったかと思うと
窓の外 落ちてくる雨粒で真っ白になるくらいの雨 雨 雨 雨...
いやはや こんな豪雨を見たのは何年ぶりだろう?って感じ
一転して
昼からは夏空に白い雲が浮かぶ 入道雲もぐんぐん!
気温もグングン上がって 30度突破で真夏日 暑い!
ふ~ あの雨で夏へのスイッチが入ったな
こうなったら 勝手に梅雨明け宣言!

夏になったからだけではないけれど
どっか行きたい!
旅行へ行きたい!
今思えば 大阪にいたときって
関空があって 海外へ行くにしても 国内にしても いろんな選択肢があった
ソウル 釜山はもちろん 台北だって高雄だって直行便はばんばん飛んでるし
大陸も数え切れないほど就航してる

地図を見てると ハルビンへ行ってみたいな
CZで週に三回も直行便あり
というのも
わが一族 戦前のこと この街を拠点に手広く商売をしていたようなのよね
その当時を知る 父の長兄が田舎に存命している
ハルビンへ行って 地図を買って写真を撮りまくってきて
その当時のことをヒアリングする最後のチャンスじゃないかな
かつてと違って
大陸にはさほど興味はないけどな ハルビンならいっぺんは行ってもいいかも
帝政ロシアがこさえた街並ってどんなんだろう?
行くなら 秋になってからがいいかな

まぁ
放牧に出るはずだけど
馬券が当ってからの検討かな...
当ったら当ったで
実際には ソウル台北香港?
まっ 心配せんでも当らんか...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-07-10 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 土曜夜市 ■ 木ノ下歌舞伎 >>