■ あしたのこころだ!


ボンゴレとボロネーゼ 食べてみた
不味くはないけど これはパスタではない
では 何か?
表現するのは難しい 確かなのは“麺”だということ
また食べてもいいかな
UFOが焼きそばかというと 似て非なるものであるのと一緒の感じ
要するに
慣れればこれも“あり”ってことです きっと

このところ
ず~っと 体調が低空飛行だったけど
ようやく復活の兆しアリ!
この週末は 降らなければ SodaStreamで遊ぼうか


     =====     =====      =====


「あしたのこころだ」(三田完 文藝春秋 ISBN:9784163902227)

稀代の先人を亡くした
あのテーマソングを聴いて
小沢昭一を思い出す人がどれほどいるのだろう
でも
40年も続いた番組だ 多くの人に親しまれていたんだろうな
まるで NHKの「昼のいこい」のテーマソングのように...
何時の頃だっただったか 聴くともなく耳に入っていた
ラジオ番組「小沢昭一の小沢昭一的こころ」
“あしたのこころだ~!”と彼が叫んで終る10分ほどの番組
この番組の良さや素晴らしさを理解するには
当時のボクは若すぎたような気がする
だから
テーマソングや彼の語り口調は記憶の片隅にあるものの
そこで語られていた中味 残念ながらほとんど憶えていない
あの語りには ちゃんと台本があり
その最後に筋書きを担当していたのがこの書き手さん
番組のこと そして小沢昭一のことを
本人のみならず その創世期までさかのぼったエッセーだ
知らなかったけれど
小沢昭一さんってこんな人だったんだな
そして 実に多くの人に愛されていたんだ
渥美清のように華はなかったのかもしれない
でも
大学出のインテリで だからこそ ひっそりと歩いていたのか...
なんか
ボクも下諏訪へ行ってみたくなる
そして 次に東京へお邪魔するときは 向島の弘福寺を尋ねてみようか...
そんな気にさせくれるお話しです
[PR]
by hangzhou21 | 2015-07-03 23:45 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ マッドマックス ■ 昨日から12年目突入 >>