■ ファンジョンミン

三宮で映画を観るから
三宮にショップがないか調べてみると
「ヤマダサイクルセンター」がセンター街の意外なところにあるらしい
記憶を辿ってみると
そういえばここに昔ながらの自転車屋さんがあった(ような気がする)
マクドの角ね
同じ並びに「赤ひょうたん」もあったし
昔はこの筋に屋台が出ててサザエの壺焼き売ってたな(何年前やねん!)
こうして調べてみて改めて思い出す
そうやなぁ
神戸によく行っていたころはとんと自転車に興味なかったもんな...
実際にお店の前へ行くと
記憶と違って狭いお店やったけどね

やっぱりサドルを買おうかと思う
"セラSMP hell"が良さそうな気がする
実物を見て手で触って(座ってはないけど)まずまず納得
こんど 馬券の神様が微笑んでくれたら買おうかな
もうひとつふたつ候補があって
ちとお高いけど
ASTVTE SKYLINE VT TACA FLUO black-YELLOW TitanV
TIOGA ツイン テール
もうひとつは トライアスロン用みたいだけど
Tri Stryke Saddle チタンレール
まぁ どちらにしても
もう少し先のことになるけど...


ミントで「ブラックハット」
ハリウッド映画だったのね
タンウェイは久しぶり! 「ラスト、コーション」(2007年)以来だから8年ぶり
彼女と天才ハッカー(クリス・ヘムズワース)がいい!(主人公だから当然か!)
原子力発電所の事故を引き起こすんだけど
その描写がなんともで その点がちびっとひっかかるし
香港も舞台になっているのに ほとんど広東語が出てこないのもなぁ...
でも 手に汗握るとまでは行かないけど単純に楽しめます
余韻は引かないけどまずまず

続いて
存在は知っていたけど初めて行く元町映画館
まだやってくれてた「傷だらけのふたり」
ファンジョンミンが文句なしにいい! やっぱりこの人味があるし巧い!
お話しそのものはやや強引すぎるほどのメロドラマなんだけど
その“強引”さがファンジョンミンの巧さなのかもしれない
ヒロインのハンヘジンがまた何とも言えずに“いい”!
若くて綺麗な女優さんはいくらでもいるけど
それ以上に 気が強そうでそれでいて幸薄そうな... 巧い!
とにかく 不釣り合いな二人が並んでいるカットが全て絵になる
ヤクザな人生を歩んできた40のおっさんと金融機関の窓口係
そんな二人 ほんの一瞬交差したことによって
お互いの人生が大きく変る...
「なんで」って思ってしまうところの多々あるけど
ずっぽりとお話しの中に心を浸してご覧ください
脇も渋くていいです!
主だった映画館では上映が終わってるけど 是非!
オススメ!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 政治のプロ 行政のプロ ■ もう一度しまなみ海道 >>