■ パスカル

お城のお堀に飼われているコブハクチョウ
ヒナがかわいいというので
通りすがり(でもないけど)に見に行った
ボクのような見物客が鈴なり
ここでアイスクリームを売ったらバカ売れしそう!
5羽いたのが スッポンか何かの水生動物に狙われたそうで3羽となったそうだ
これが新聞にでかでかと載っているのだから松山はのどかな街だな
親にまとわりついて泳いでる たしかにかわいい
でも
大きくなったらどうするんだろう?

昨日
SpanishExpress号がショップにピットインした
前も後ろもギアを交換してチェーンも新しくしましょう
ワイヤーも調整しなおして
ブレーキは脚が高いタイプだから安いのあるかなぁ...などなど
まずは見積をお願いしておきました
幾らぐらいなのか ちびっと不安(かな?)

いま
読み始めているのが
「黄金時代」(ミハル・アイヴァス 河出書房新社 ISBN:9784309206653)
けっこうツカがあって文字がびっちり詰まっているし 難解
最初の章を読んでみて
「あかん むり やめとこかな...」なんて思ったけど
5章ぐらいから 俄然と面白くなる!
ショップにSpanishExpressをピットインさせた帰り道
夕暮れのなか 路面電車に揺られながら読み進める
本を読むには やっぱり電車のシートに限るな
そういえば すっかり陽が長くなった 19時すぎまで夕方の風景
(調べてみたら 松山の昨夕の日入は19:01だった)
ただし
部屋に戻ると
そのまま晩酌モードに入ってしまって 本を開くこともないんだけどね

森の音さんの愛犬パスカル
鬼籍に入ってしまったそうだ
ボクも何度か遊んでもらったし おやつに大きい牛の骨を差し入れたこともあったなぁ
愛想のいい大きな犬だった
愛されてかわいがってもらって幸せな犬生だったんじゃないかな
ご冥福をお祈りいたします
ペットロスの哀しみは半端じゃないと思うけど...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-14 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ もう一度しまなみ海道 ■ フェアプレー >>