■ SodaStream の背景

SpanishExpressのときは
降って湧いたように突然 森の音さんからやって来た
ロードバイクのことは何も知らなかったので
こんなに快適で軽い自転車があるのかと ただただ狂喜乱舞!
SpanishExpressが来てすぐは ロードバイクのことをいろいろ調べ
すぐにでも買い換えるつもりになっていたけど
半年もすると“悟った”
「ハードをいかに変えようと脚がなければいっしょ」
それほど脚がない(もちろん今もないんだけど)
それ以来
買ったのはチューブやタイヤという消耗品だけ

今回
ふたつの縁があって 新調する機会に恵まれた

まず「人」
今シーズンお手伝いしていただいている派遣スタッフさん
その旦那さんが競輪の元レーサー(なんとS級選手で ボクと同い年!)
その方に“師匠”となっていただき
フォームの指導やSpanishExpressのセッティングの微調整をしていただいた
結果 乗り味はじゃじゃ馬からポニーのように 劇的に変わった!
その“師匠”から「自転車買うならお手伝いしますよ」と言っていただいていた

そして「先立つもの」
これ 不思議なもので 昨年末の有馬記念惨敗が金運のソコだったようで
数日後の東京大章典で流れに乗り
年が明けてから とんとんと!
「これで105が載ったバイクなら買えそうだ」となった

で「SodaStream」購入決定!

“師匠”に予算を伝え「お任せします」と相成った
当初はGIANTの「TCR ADVANCED 2」を予定していたんだど
驚くなかれ!
なんと 納車まで三ヶ月は必要らしい
(う~む ロードバイクはそんなに売れているのか!)
次に浮上してきたのが MERIDAという台湾のメーカーの「SCULTURA 4000
これなら即納
「じゃそれにします」と即決
ロードバイクでも完成車を買うのは これでおしまいかというと...

組み上がったと連絡をもらったので
セッティングも兼ね“師匠”と一緒にショップへ行く
そして 微調整するためにペダルとシューズを選ぶ
これは いろんな制約があって マビック
サイコン 前後のライトとベル そしてスタンド
スペアのチューブが入ったサドルバックとボトルケージ二つ
ここまでをその晩のうちにすませる
ここから先は
まぁ もう少し予算もあることだから
別途ホイールを買うことにする
ちびっと憧れていた フルクラムの「Racing3」
(こちらは“師匠”が別途英国の通販で調達して組み立ててくださった)

そうこうしているうちにお店から
カセットを105⇒アルテグラ
ブレーキをオリジナル⇒105
それぞれアップグレードしてくださると連絡が入った
そうか~ ありがたい!
じゃ クランクも105かアルテグラにグレードアップしようかな...

“師匠”にはおんぶにだっこで 奔走していただき ショップとの値引き交渉も
ボクは 脚もないのに
嬉々としていろいろ調べ妄想しているだけです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2015-04-14 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 欠航 ■ 道後温泉 >>