■ 片口

片口 汲出し 水指
ふだんの生活ではまず使うことはない“もの”
目にすることもほとんどないか
“言葉”としても使うこともない

何年も前に買ったけど使わないままだった「片口」
今回 門戸から松山へ持って来た
ここ数ヶ月 急速に傾注している日本酒
今までは瓶から直接グラスに注いでいたけど
今日から いったん漆器の片口に注いでからグラスへ
(まるでワインのデキャンタみたい!)
この一手間 案外 とええもんやな

汲出し
普通は「茶碗」とか「飯碗」と呼ばれているもの
水指(みずさし) これは表現が難しい
もう滅多に使わないからね
小さな水瓶 それもずん胴ね
汲み置きする水の入れ物です

それもこれも
もし 陶芸に親しんでいなければ
知ることも使うこともなかった
日々の生活を豊かにしてくれるというよりも
ほんの少しだけ“柔らかく”してくれるのは 間違いない

食卓を飾るもの
別に凝る必要はない
でも
ちょっとしたことで
余裕が出て豊かになるかもしれないね
[PR]
by hangzhou21 | 2015-04-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 息継ぎの時間 ■ 三月のお昼 >>