■ 好きなもの

疲労困憊とか疲れたとかシンドイとか云っても仕方ない
こないだ広島へ行ったときに買ってきたもの
吉和村のわさびの葉の醤油漬け
これ好き!
ピリッと辛いんだけどじんわり甘い
白いご飯の上に乗せ一緒に食べる
本当はお弁当のご飯の上に載せておいて お昼に食べるのがお気に入り
ちょっとしか入ってなくて1,000円だから ちびっと高いけどね

明日 サンフレはアウェイで山雅と対戦
先日 キャンセル分のチケットがあるというお知らせが入ったので
一瞬「行こうか」と思ったけど
やっぱり無理やな 長野はいかにも遠い 自重
幸いNHK-BSで中継してくれる
これは「そらともり作戦」しかない!

朝から新居浜
夕方に市内で取材をして
長かった一週間 ようやく終わった!


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「愛と人生」(滝口悠生 講談社 ISBN:9784062193351)
一言で表すなら「喪失感とあけみ」(一言ではないか...)
ボクはかろうじて寅さんとシンクロしてる
寅さんの新作を映画館で観たのは岡山と大宮(これっていいでしょ!)
突然だった
寅さんがいなくなってしまった
あの時の“喪失感”は言葉にはならなかった
満男といずみちゃんがどうなるのか心配だった
だから
このお話しは理解できる
でも この書き手さんほど美保純(あけみ)には思い入れはないけど
ゆるゆるとした つかみどころがない
この語り口がこの書き手さんの持ち味なんでしょう
面白いのか そうじゃないのか
かなり読み手を選ぶのは間違いない
ボクはニヤニヤしながら読んでしまいました


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「時速47メートルの疾走」(吉野万理子 講談社 ISBN:9784062190909)
逆立ちがしたくなる
それも も〜れつに!
中学生って大変なんだなぁ
それでも このお話しにはまだ救いがある
大人の思い込みで判断されるのではなく
自分の価値観を大切にしながら成長していくんだな
大人になっても
他の人を理解するって
自らいろんなフィルターにかけていて
難しいものなんだ つくづくそう思う
カラッとはしていないけど 素敵なお話し
年代を問わず多くの人に読んでもらいたい
オススメ!
がんばれ 町平
がんばれ 慶一 美鈴 大門!
逆立ちしようとしたけど
ケガするのもアホらしいと思って出来なかった...


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「敗北のない競技」(土井雪広 東京書籍 ISBN:9784487808274)
いつなのかわからいけれど きっとそう遠くない時期
ツールドフランスで
総合優勝は難しいだろうけど
どこかのステージで優勝してしまうかもしれない
やっぱりそれはムリかな?
国内で抜きん出た脚を持っていたこの書き手さん
ヨーロッパで壁にぶち当たる(いろんな意味で)
そして アシストする意味を知るわけだ
書き手は“ハナをへし折られ”てしまった
そして
日本人のトップサイクリストの現時点での限界を
親しみやすく そして 淡々とテキストにしている
読みやすくわかりやすい
でも
表面をなぞっただけのような気がする
ほんとうは もっと煮えたぎるような熱い思いがあり
動転するほどの葛藤があったのではないか
ボクが知りたかったのはそういうところだったような気がした
それでも
ボクには真似は出来ないけど
いろんなトレーニング方法が紹介されている
脚力をワットで換算出来るサイコン 高くなののならつけてみようかな
きっと 比較にもならないだろうけど...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-03-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 幕が上がる ■ 半旗 >>