■ 水野監督退任

関西のカレッジフットボール
昨秋のシーズン
ギャングは2部との入替戦を戦った
その相手が かつてギャングの監督を務めた水野さん率いるソルジャーズだった
結果はギャングの一部残留となったものの
これから数年でソルジャーズが一部に上がっても不思議はないと思った

大学からの発表だと
水野彌一総監督の今月末での退任が決まったとのこと
わずか一年でここまで強くなっただけに
いろいろあったんだろうけど 惜しい
強くなるには合理的で厳しい練習をしなくてはならないけど
「強くならなくてもいい」と思う部員が少なからずいたのではないかな
(もちろんそれだけの理由ではないと思うけど...)

今夜もACL
どうしたことか レッズもアントラーズも負けてる
よくわからんな...


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「自覚 隠蔽捜査5.5」(今野敏 新潮社 ISBN:9784103002574)

これで隠蔽捜査のシリーズは7冊目
キャリア警察官の竜崎 故あって所轄の署長
今回は大きな事件が起こるのではなく
竜崎の周囲にいる警察官たちのエピソード
もちろん 各エピソードに竜崎も登場する
エピソードの主人公たちにとって竜崎の存在がいかに大きなピースなのかがわかる
「竜崎だったらどうするのだろう」と考え予測する
そして 彼らの予想はたいてい外れてしまうのだけど...
大森署副署長の貝沼
警備企画のキャリアの畠山美奈子
第二方面の野間崎管理官(常連ですね)
大森署刑事課長の関本
大森署地域課長の久米
大森署刑事課強行犯係長の小松
警視庁刑事部長の伊丹(こちらも常連!)
そして 大森署の刑事戸高(この人はいつもクール!)
このお話しだけ読んでもいいけど 出来ればいシリーズの最初からがおすすめ
(一冊目は「隠蔽捜査」(新潮文庫 ISBN:9784101321530)
すぐに読めます
[PR]
by hangzhou21 | 2015-03-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 青春もの二題 ■ J's Goal >>