■ 大きくため息

ふ~
やっと終った! 入稿完了!
これでバトンはボクの手を離れ 印刷工程へ
もう 上からの指示も修正もない
ようやく 悩まされていた案件がひとつ片付いた
あとは 納品を待つだけ

なんだかんだ云いながら三月だね
どことなく春めいてきて
ジャケットの上コートを羽織ってはいるけれど
キャップとネックウォーマー それに手袋はしなくても大丈夫(かな?)

この土曜にはJリーグ開幕
今年のサンフレどうかな?
例年のように前のめりにはなってないだけに
楽しみのような そうでもないような...
イベントの前だけど
やっぱり3/7は全てを投げ出してビッグアーチへ行こうかな
(どうも“Eスタ”という呼び方は慣れへんなぁ...)


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「フラッシュ・ボーイズ」(マイケル・ルイス 文藝春秋 ISBN:9784163901411)

ようやく読み終える
いやはや かなり難解
ボクは 競馬はやるけど株には手を出していない

株を取引するというのは具体的にどういうことだったのか
そして 現在ではどういうことなのか
それを 教えてはくれないけど 概要は伝えてくれるって感じかな
すなわち メイルやフェイスブックは楽しんでいるけど
「送信」ボタンを押してから いったいどういう仕組みで
相手にメイルが届くのか フェイスブックに「いいね」が表示されるのか
それを全く知らない(知ろうともしていない)のと同じなのだと(いや 違うか?)いう
上の例えはともかく
ウォール街で一番儲けて幅を効かせているのは 投資家や仲買人ではなく
投資銀行でもない
投資家の売買を“捕食”する“超高速取引業者”なのだという
しかも 彼らは法には触れず リスクも負わず
“フロントラン”(=先回り)によって 100戦100勝だという
ふ~む ここに書かれていることの1/4も理解できないけど
そういうことなのか
そして こんな“捕食”を許さない公平な取引所を創設しようとした男たちのお話し
難しすぎて“爽快感”はないけれど
世の中 捨てたものではないのねと教えてくれました
ずいぶん前に読んで 映画化もされた「マネー・ボール」(ブックス・プラス ISBN:9784270100288)
このお話しの書き手さんでもあります
読み手を選ぶし 読むのに少し時間が必要かも


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「とことん自転車」(鶴見辰吾 小学館新書 ISBN:9784098252381)

自転車に乗るのに年齢制限はないんだな
「いいな」って思ったときがスタート!
そんなことを教えてくれるお話しです
この書き手さんが自転車に乗っているTV番組
ちらっと見かけたことがあった
そのときはそれで何も思っていなかったけど
案外とまじめに語ってる!
ロードバイクやクロスバイクはどうなのかな
ぴちっとしたサイクルウエアやヘルメットには抵抗があるな
そんなことを思っているあなたの背中をそっと(いや やや強引に)押してくれます!
自転車は楽しい!(苦しくもあるけど)
オススメコースも紹介されていて
ボクも走った 周防大島一周コースが紹介されていて 嬉しかった
すぐに読めます
そして すぐに自転車に乗りたくなるの間違いナシ!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-03-02 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ J's Goal ■ なんか寝過ごす >>