■ 夢見が悪い

このところイヤな夢を続けて見る
ひとつは火事に遭遇してしまう夢で
もう一つは病気を告知されるという内容
大丈夫かな?
正夢じゃなければええねんけど...

東京で会議をふたつハシゴ
ふたつ目が押してしまい
予定していた映画 もう間に合わない
それじゃぁ 東京で頑張ってる佐野さんに声を掛けよう!(自分勝手ですいません!)
佐野さんを待っているうちに 若いのにも電話を入れたら「行きます!」とのこと
二人とも急に呼び出してごめんなさい
佐野さんの案内で 九段下のお好み焼き(結局 ボクは食べなかったけど...)
一緒に飲めて嬉しかったし楽しかった ありがとう!


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「降りられない船」(ウソックン クオン ISBN:9784904855263)

韓国の仁川から済州島へ向かっていたフェリー「セウォル号」が沈没し
300名近くの人が亡くなった
事故が起こったのは昨年の4月16日
この事故について韓国の経済学者が書いたのがこの本
読んでみてまず感じたのは この書き手さんの根底に大きな“怒り”が流れているということ
“学者”と名乗る人がこの大きな事故を振り返るのであれば
もう少し抑制された筆致で進めるべきではなかったか
(すべてが明らかにはなっていないものの)何があったのか
その原因はどこにあったのか
そして同じことを繰り返さないためにどうすればいいのか
このような論法で書いて欲しかった
(あるいはそう書こうと思っていたのにボクが読み取れなかっただけかもしれないけど)
書き急いだこともあっただろうけど
論理的に書かれているとはあまり思えない
詳細は省くけれど“これでは何年か後に同じような事故が起こる”と思った
誰が責任を取るのか
遺族は誰から幾ら補償金を受け取るのか
それらも大事だろうけど...
こういう考え方をする人が韓国にはいるんだと理解するにはいいけど
セウォル号の事故を俯瞰して理解するという意味ではあんまり得るところはない
そんなお話しだと思います
[PR]
by hangzhou21 | 2015-01-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 20回目の1.17 ■ 洋次郎移籍 >>