■ 太鼓持ち

そう冷え込まないので助かる
若いのが高松へ転勤になる
これでボクが松山へ来たときにここにいたメンバーは誰もいなくなる
これってどういうことなんかな?
あんまり云いたくはないけど
どうも上手く行ってない
やっぱり 上に立つ人には人望が必要だし 人を見る目も必要
太鼓持ちに踊らされているようでは
他のひとたちはシラケるばかり…
そんなこんなで内輪でこそっと送別会
高松でも元気にがんばって!


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「カブキブ!3」(榎田ユウリ 角川文庫 ISBN:9784041013632)

クロが立ち上げたカブキ同好会
これでとうとう三巻目
今回 文化祭での公演「三人吉三」を成功させ
新入生歓迎会の演目は「白波五人男」を演ることに
その本番を目前にしてまたも難問が…
個性的な面々が集いお話しにも深みが出てきてる!
今回いいなって思ったのが
阿久津くん 和尚吉三を演じるにあたっての“解釈”を独白するくだり
>なんか、先のことぜんぜん考えてない感じがして。
>ヤケっていうか、勢いっていうか…その場限りで生きている感じがして(p80)
>でもそういうのもかっこいいぜって、俺は思った。
>だから、かっこよく演ろうと思った。(p81)
いいな!
“観る”のと“演る”のではこんなに違うんだな!
まだ明らかにされていない伏線もある
これは目が離せない!いやはや楽しみ!
歌舞伎に何となく興味があるけど ちびっと敷居が高いなと思っていたり
きっかけがなかったり 一緒に連れて行ってくれる人がいなかったり
そんな方々の 文字通り背中をポンっと押してくれる!
“浜松屋店先”もいいけど“勢揃”を観たくなりますよ(きっと!)
[PR]
by hangzhou21 | 2015-01-07 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 週末は連休 ■ この週末は山口へ >>