■ 京成立石

待ってました!
N紙水曜の読書コーナー!
今回もなかなか面白そうなお話しが紹介されてる

これはどこかで見かけたとき
このコーナーでこの藤島大という選者も紹介すると思ってた
「ヒトラーのオリンピックに挑んだ若者たち」(ダニエル・ジェイムズ・ブラウン 早川書房 ISBN:9784152094858)
こんな自転車旅をしてみたいかも...
「キューバ自転車横断紀行」(小林建一 彩流社 ISBN:9784779120459)
小谷真理という選者が紹介してくれるお話しは
普通だとボクのアンテナにひっかからないものばかり
「プリムローズ・レーンの男(上下)」(ジェイムズ・レナー ハヤカワ文庫 ISBN:9784150413217)
「水光舎四季」(石野晶 徳間文庫 ISBN:9784198938925)
こちらは全9巻(だったかな?)の長編 英国発のSF(9冊も付き合えるかな?)
「タイムライダーズ1」(アレックス・スカロウ 小学館 ISBN:9784092906006)
縄田一男という選者は やや大げさなテキストだけど
今回 これは読んでみたいと思った
「肥満 梟雄安禄山の生涯」(東郷隆 エイチアンドアイ ISBN:9784908110009)

別にふと目が止まったのが
「桃のひこばえ」(梶よう子 集英社 ISBN:9784087715811)
これって「柿のへた」(集英社文庫 ISBN:9784087451184)の続編!
この「柿のへた」って 主人公のお役目がなかなか面白かった
今は文庫化されているみたいだから 気軽に読めるみたい
読んでどうなるってものではないけど 時間つぶしに雑誌を手に取るよりも楽しめると思います!


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


先日
松山にもある「ドン・キホーテ」で見かけて気になっているのが
レンジで使える圧力鍋
そんなに高くないみたいだし 買おうかな どうしようかな
でもな このところ
あんまり料理もしてないから 買っても使わないかも
口コミを調べてみると 圧力鍋としてはもうひとつみたいだけど
蒸し器としては便利なのかな
火を使わずに電子レンジで調理できるのがミソ!


話しは大きく変わるけど
こんど
ナビスコカップの決勝 サンフレの応援で埼玉スタジアムへお邪魔する予定
そのついでに寄りたいと思っているのが
いつもの 赤羽「まるますや」ではなく
京成立石にある「鳥房」というお店
前から 興味あったけど
東京で夕方 まとまった時間がなかなか取れなかった
というか 歌舞伎とか映画に時間割いてたから仕方ない
今回
サンフレのゲーム 13時キックオフだから 夕方は時間ありそう
そう思いながら 何年か前は延長に突入して 遅刻したけど...
どうなるのかな?
(まぁ 今年はスカッと快勝するからその心配はないはず!)
それにしても
埼玉スタジアムから京成立石ってどうやって行くんや?
[PR]
by hangzhou21 | 2014-10-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ あっと云う間に10月もおしまい ■ 茶碗酒 >>