■ 茶碗酒

愛媛に居るからなのか 日本酒をよく飲むようになった
(相変わらず ギネスもワインも飲んでるけど)
その証拠に
ビンカンのゴミの日
今までだったら ビンはワインのボトルだけだったのに
最近では 720mlの四合瓶の方が多かったりして...
愛媛の地酒が口にあったのか?
それとも年齢とともに嗜好が変わったのか?

ここんところがっつり楽しんでいるのが
“ひやおろし”というタイプのお酒 ひと夏越して蔵出しされたもの
すっきりと旨い!
今宵は ようやく手に入れた「石鎚ひやおろし
今までガラスのコップで楽しんでいたんだけど
今読んでるお話しに出てきて影響されたのかな 茶碗で飲みたい気分
コップ酒から茶碗酒へ
肴は塩だけでもいいんだけど(よくない!)
じゃこ天とブロッコリーを茹でたの そして 韓国海苔
ええ感じです

まだ西条の「行光」には出会えてない 早く飲んでみたいょ~!
そうそう
今回「石鎚ひやおろし」を買った酒屋さん
なんと「石鎚粕取焼酎」が棚に鎮座してた(まだ買ってないけど)
う~ん
粕取焼酎が気になってから こんなにスグに出会えるなんて!
一升瓶しかなかったけど 構わない
石鎚のひやおろし飲みきったら 買おう!
(これも今読んでるお話しの影響!)

いや
その前に
日本酒に合う茶碗やな
愛媛だから砥部かな

※いま読んでるお話し(まだ途中だけど)
「猟師の肉は腐らない」(小泉武夫 新潮社 ISBN:9784104548040)
[PR]
by hangzhou21 | 2014-10-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 京成立石 ■ 塩とゴマと卵焼き器 >>