■ 噴火

門戸へ帰る
朝いちから道後近くにあるパン屋さん「雲珠」
ここの食パン 美味しいと人気
いつもお世話になりっぱなしの門戸のお隣さんへのお土産にする
早くから開いてるからありがたい

今日はNHK-BSでヴィッセル戦の中継
惜しいチャンスを幾つか逃し あ~あって思っていた
ハーフタイムに入ったBSニュースで絶句
御嶽山が噴火したという あの御嶽山って火山だったの!
お手軽に行ける3,000m超の山頂として人気なのよね(一度地図まで買ったことがある!)
秋晴れの土曜お昼過ぎ けっこうな人が山頂およびコース上にいたはず
映像を見るだけで 震える...
全容はつかめないけど
う~ どうしてしまったのかな

サンフレは負けるのを覚悟したけど
辛くも引分け
勝たないと意味がないゲームだったのにな...

散髪してすっきり
夕飯をいただいて すぐにバタンキュー
いやはや ほんま 門戸だと幾らでも寝てしまうねんな


  +  +  +     -  -  -     +  +  +


「まるまるの毬」(西條奈加 講談社 ISBN:9784062189903)

もうずいぶん前に「金春屋ゴメス」(新潮文庫 ISBN: 9784101357713)で出会って以来
新刊が出るのを楽しみにしている書き手さん
(しかし 文庫版の装丁画はヒドイ!)
今回 江戸にある「南星屋」という小さな菓子舗が舞台のお話し
若い頃に日本中を尋ね歩いて修業した治兵衛
その娘お永 孫のお君ちゃん
「南星屋」を切り盛りしているこの三人を中心にお話しは展開される
各々のタイトルにはお店で売り出されるお菓子の名前
ほっとしてほろっとするってわけじゃないけど
“がんばれ?”って応援したくなる
それに 甘いのは好きじゃないのに
思わず 熱いお茶に和菓子が欲しくなるな
読みやすい すぐに読めます!
まずまずのオススメ
続きはでるのかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 怪しい彼女 ■ ビーカラの会 >>