■ 蒲田「寿々㐂」

しもた!
同じ蒲田でも京急とJRでは少し離れてたんや(すっかり忘れてた)!
駅前 ぐっと庶民的なアーケード
ギリギリセーフ 相席だけどすぐに座れて助かった
(炎天下の店先で何組か並んで待たれてました!)
この「寿々㐂・すずき」はまずまず
やっぱり鰻は東京が美味しい!
今年の“土用の丑”は7/29の火曜(を前にしてもう三度も食べてしまった!)

土曜の昼過ぎに松山へ向う飛行機
ガラガラで二割くらいしか埋まってないのは寂しい
座席に座るや否や眠りこけてしまった
やがて 軽いショックで目が覚める
「もう着いたか 外を観るの忘れたな」なんて思ったら
なんのことはない 羽田空港が混雑していて まだ離陸すらしてなかった
(それでも20分は夢の中へいたみたい!)

手早く着替えて重信川のコース
しかしなぁ いいコースなのに ほんま人もバイクも少ない


   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「ピンザの島」(ドリアン助川 ポプラ社 ISBN:9784591137765)

ブロックやスライスされてトレイに入れられた肉を見てもなんとも思わないけれど
さっきまで跳ね回っていた子ヤギが鍋に入ってる
その現実のギャップに驚く
ヒトは命を貰って生きているんだな
そして ヒトはひとりでは生きていけないんだな
普段は意識しないようなことを改めて思い出させてくれる
チーズってこんなふうにこさえるのか 簡単ではないわな
それに ヤギの乳はほんの少ししか取れないのか 量も時期も
知らなかった
悪いお話しではないけれど
要素を詰め込みすぎだったのではないか
消化不良と云うか“散漫”となったような気がするのが惜しい
観光で遊びに行く南の島は場所として素敵なところだ
でも そこに住むというのは
いろんな意味で大変なんだな
一気に読めるし まずまずのオススメ
涼介とブチが元気でいますようにと 祈りたくなる
[PR]
by hangzhou21 | 2014-07-12 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 白糸の滝 ■ 神保町の「なかや」 >>