■ 学食

今日はパラついたけど概ね曇り

先日 所用で某大学へ
時間の関係もあって学食でランチ
学食で食べるなんて 何年ぶりなのか もう 思い出せないほど
雰囲気としては メーカーさんの食堂みたい!
がっつり系の定食がメインなのかと思ったらそうでもないな
お値段も想像していたほど安くはない
ほんの少し時間がズレてたので 閑散としてるし静か
ここには何度かお邪魔しているんだけど 元気がないというか ワイワイ感がない
最近の大学ってどこもそうなんかな?


   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「どぜう屋助七」(河治和香 実業之日本社 ISBN:9784408536354)

そういえば
春先のこと田原町の「飯田屋」でどぜうを食べた
このときは何も考えずに「飯田屋」へお邪魔したんだけど
もし次があれば是非「駒形どぜう」で食べてみたい!
ある少女伊代が浅草のこのどぜう屋に奉公に来るところからこのお話しははじまり
あっと言う間に幕末のこの界隈に身を投じることになる
極楽とんぼの若旦那元七がいいね
どぜう屋の身内と常連客が繰り広げるお話しが
風雲急な世相とも相まって面白い
伊予の視線で語られるのかと思うと
いつのまにか彼女はフェードアウトしてしまい
あれれと思う間に時間がどんどん経過して行ってしまったのが残念といえば残念
しかし
往時の浅草近辺の様子がとてもよくわかって楽しかった
どじょうに興味なくてもすぐに読めます!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-06-06 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 俄かお遍路さん二周目十八日目 ■ もうすぐW杯開幕 >>