■ 続々と

実は
「鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来」にかなり手間取っていた
ようやく読了して 続いて「守備の極意」を読み始めたら
続々と“予約本確保のお知らせ”メイルが舞い込む
「グだくさんのグ!!」(グレゴリ青山 メディアファクトリー ISBN:9784040661339)
「ミッドナイト・バス」(伊吹有喜 文藝春秋 ISBN:9784163900063)
⇒この書き手さん知らなかったけど「四十九日のレシピ」の方なんですね
「手のひらの音符」(藤岡陽子 新潮社 ISBN:9784103348719)
「大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社」(オバタカズユキ 朝日新聞出版 
ISBN:9784023312449)
図書館では5冊までしか貸してくれないから
「大手を蹴った~」を保留にしておいて
あわてて 半分酔っ払いながら「グだくさんのグ!!」を素早く読む
まぁこれは漫画だからすらすらとよめるけど ちびっともったいなかった!
「守備の極意」は上下セット
野球のお話しかと思い込んでいたら 何やら学園群像恋愛モノかな
そうこうしていると
楽しみに待っていた
「どぜう屋助七」(河治和香 実業之日本社 ISBN:9784408536354)
こちらも“確保出来ました~”とお知らせが
う~む
まずは「守備の~」の上巻を返却して(下巻に取り掛かるのは後回し)
「大手を~」と「どぜう屋~」を借りに行かなくては...
読む本がないのも困るけど
こう次から次から押し寄せてくるのも考えものやな
外出がほとんどなくて 移動時間がないからなぁ
まだ 涼しいのは助かるけど...

※今夕のN紙で紹介されていたのが...
「先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806714750)
⇒おゝこの先生シリーズも新しいのが出たか!
「クラスメイツ(前後)」(森絵都 偕成社 ISBN:9784038144103)
「いろは匂へど」瀧羽麻子 幻冬舎 ISBN:9784344025707)
「可愛いベイビー」(五十嵐貴久 実業之日本社 ISBN:9784408536446)
⇒「年下の男の子」「ウエディング・ベル」に続くシリーズ物みたいです

※それ以外にも続々と気になる本が...
「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(渡辺俊美 マガジンハウス ISBN:9784838726530)
「アイビー・ハウス」(原田ひ香 講談社文庫 ISBN:9784062774871)
「失物屋マヨヒガ」(黒史郎 KADOKAWA/メディアファクトリー ISBN:9784040663678)
「屋根屋」(村田喜代子 講談社 ISBN:9784062187749)

いやはや いくら時間があっても足らんで...

※※
A紙のweb版にひっそり載ってる!
そうか~
もう歌舞伎界への復帰はなさそう 淋しいな...
でも 歌舞伎出身で芸能界で活躍している人も少なくない
薪車さんもそうなって欲しい
[PR]
by hangzhou21 | 2014-05-28 20:45 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 路線バス ■ 週末は東京優駿 >>