■ じょんのび

サンボアのカレー
西宮北口でも再現したお店があるという情報をキャッチ! 食べてみた
INDIGO
でも ちびっと違うかな~
芦屋の「グラス」90点とすると ここは75点
いや 似てないとか美味しくないというのではなくて
かなり近いのには間違いないけど...
(西宮浜の「神戸ごきげんキッチン」よりはウンとまし!)
もう一回食べるなら「グラス」かな ちびっと遠いけど...

梅田に出てみた
阪神のB2にあった食堂街が閉鎖されてる 知らんかった
ここはパスタの「ソタレ」がなくなってからあんまり行かなかったけど
なんだか淋しい
大昔は大衆的なお店が並んでたけどなぁ...
この阪神も全面建替えするんやったっけ

泉の広場へ行く途中に
北海道の物産館みたいなお店があるんだけど
その向かい側に新潟の物産館みたいなお店がオープンしてる
じょんのび にいがた
そんなに大きくないスペースだけど
以前からある北海道がもうひとつだけに ちょっと期待したい
新潟と関西って そんなに接点がないだけにね
ボクにとっての新潟はアルビレックスと競馬だけ

酒処新潟なのでたくさん展示販売されているなかから
雪椿」という銘柄のお酒を買ってしまった...


   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「鮭鱸鱈鮪 食べる魚の未来」(ポール・グリーンバーグ 地人書館  ISBN:9784805208670)

いつもは小説を読んでいるからか
こういうレポート なかなかページが進まなかった
で ようやく読み終え得た結論
もう一刻も猶予はない!
今すぐ マグロを食べるのはやめよう!
別に啓蒙書でもなんでもなく
ヒステリックでもない
割と(いやかなり)抑制された筆致で書かれてる
人類の胃袋を満たすためにシーフードを食べるのは もう限界を越えている
そんなことを教えてくれる
それでもサカナを食べたかったら
植物由来の餌で成長するコイやティラピアを食べればいい
なるほどなぁ...
サカナをめぐる環境
もう10年もすれば劇的に変わっているかもしれないな
何キロの餌を与えれば何キロ成長するのか
当たり前だけど 養殖にはそんな発想が必須なんだ
マグロの場合 魚肉1kgに餌は20kg必要
完全養殖が可能になったとしても
その餌のためにどれだけのサカナが必要なのか
それに信じられないくらいのコストになってしまう
マクドに行けば何も考えずにフィレオフィッシュをオーダーするけど
あの値段で手に入るフィッシュって一体何なのか
あまり深く考えたことなかったな
いつも当たり前のことととして享受していること
それを立ち止まって改めて考えてみる
そんなヒントに満ちたレポートでした
すべての人にオススメするわけではないけれど
読んでみて損はしないと思います(時間はかかるけどね)
[PR]
by hangzhou21 | 2014-05-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ミカンコナジラミ ■ 食パン >>