■ ペコタン

今治からバスで広島へ向うのは二度目
今回はそんなに混んでいなくて助かった
ただ 松山⇒今治が思っていたより時間を喰ってしまい
今治駅前の駐車場へ滑り込んだのがバス発車の5分前
ギリギリセーフだったけど もう少し余裕を持って出ないとあかんね
高速に乗らず 北条周りだと1時間45分はみておきましょう

CKからこぼれたのを塩谷がボレーで叩きこむ
そりゃええんやけど ちびっと早くないか!
案の定 動きが鈍って 後半に早々と追いつかれ そのまま防戦一方
ここまで卓人が活躍したゲームも久々かな
連戦の疲れか 単純なミスが目に付く
セカンドの白いユニがしっくりこないエスパルスの拙攻に救われた
そのままドロー
ほっとした

明日はW杯メンバーの発表
サンフレからは青山と塩谷が濃厚
石原だって可能性はなくはないか...
クラブ単位で考えるなら
この中断期間はゆっくり休養してほしいところだけど...
そして 水曜はACLベスト16の二回戦がアウェイのシドニーで
出来ればスカッと勝って
8月後半の準々決勝ではソウルと再戦したいところだ!

バスで広島へ向うと
目的地がエディスタだから 中筋で降りてしまう
するとね
なんか 純粋にサンフレの応援だけで終ってしまう
本通りとか広島駅とかに行かないからね
これって もったいないというか なんか変な感じ
でも
今回は「ペコタン」という中筋小近くのお店で美味しいお好み食べました~!


   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「ありのフェルダ」(オンドジェイ・セコラ 福音館書店 ISBN:9784834023497)
チェコからやって来た童話
やんちゃなありのフェルダが主人公
しかし
このお話しって童話なのか?
フェルダは思わせぶりなてんとう虫のベルシカにぞっこん!
でもそれが思わぬ落とし穴になろうとは...
なんか社会主義的な風刺に満ちた“人生訓”
ラストはめでたしめでたしでホッとはするんやけどね
大人の方が楽しめる童話なのかもしれません
続編もあるそうなので読んでみようかな!
5月5日にNHKラジオで紹介され読んでみました
まずまずの意味深のおすすめです!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-05-10 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 麦わら色 ■ SKYWARD >>