■ アルビ戦はドロー

なんか体調イマイチ
プライベートバーバーでカット
塚口で買物して タントでパスタを食べ
昼過ぎの便で松山へ戻る

精神的にも日程的にも肉体的にも移動距離的にも...
あらゆる面で厳しい連戦の最中
今日はアウェイでアルビ戦
アルビは好調らしい 大丈夫かな
BSでのTV中継はないから イライラしながらネットで途中経過を追いかける
一方的に押し込まれたようだけど(何しろサンフレのシュートはたったの一本!)
どうにかこうにかスコアレスでドロー
首位陥落はちびっと悔しいけど
こんな状態でも勝点「1」を手にしたのは評価したい
でも 週中にあるACLの6節 大丈夫なんかと心配になるけどね...
その後も アントラーズ サガン ヴィッセル マリノス エスパルス...
そしてACL16
まだまだゲームは続きます


   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「馬主の一分」(マイケル・タバート 競馬ベスト新書 ISBN:9784584104248)

どう考えても
騎手藤田紳二が出した「騎手の一分」(講談社現代新書 ISBN:9784062882101)のパクリ
でも それはタイトルだけで 中身は全く違います
トライアルのチューリップ賞を勝って 人気が予想された桜花賞を回避したハナズゴールのオーナーが書き手さん
この書き手さん真面目で本当に馬が好きなんだなとよくわかる
それに
馬主さんがどんな思考をしているのかも なんとなくわかる
毒にもクスリにもならないお話しなんだけど
ぼんやりと いつかはボクも馬主になってみたいな〜
そんな気にさせられますね
(まぁ心配しなくてもそんな日が来ることはなさそうだけど...)
ある程度競馬をご存知の方なら楽しんで読めると思います
そういう意味ではかなり読み手を選ぶお話しですね
[PR]
by hangzhou21 | 2014-04-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ フジキセキ ラストクロップ ■ ちびっと惜しい >>