■ カエル名人

N紙の最終面(表4)はTV欄ではなく いろんな話題が載ってる
今週載ってたのは「カエル獲りの達人」
ふ~ん そうなのか!
実験で使われるカエルって 当然養殖されてるのだと思ってた!
このN紙てほんまいろんな情報が載ってる
いつかボクもこのページに載ってみたいもんだけど...


   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「フットボールのない週末なんて」(ヘンリー・ウィンター ソル・メディア ISBN:9784905349167)

イングランドって
文化としてフットボール(サッカーのことね)が根付いている
いや“文化”ではなく“生活”か
息をするのと同じように週末にはフットボールがある
一度でいいから イングランドのどこかのスタジアムでゲームを観てみたい
もちろん 陸上のトラックなんてなくて
芝生の匂い ボールを蹴る音 コーチの指示 そして 骨がきしむ音
それら全てを直接感じながら
そのときは どんな服装で行けばいいのかな(思わずそんな心配までしてしまう!)
文化になっているということは 歴史があるということ
プロリーグがスタートしてわずか20年で“歴史”はまだムリ
でも その萌芽くらいはあってもいいんじゃないか
もし 市民球場跡地に新しいスタジアムが出来たなら
忠実なサンフレのサポーターたちは
広電の「八丁堀」(西側ね)の電停で降り 同じ広電に乗り込めばいいのかな?
それでも ニューカッスルの創設は1881年だから130余年の歴史があるんだな...
そんなことを思ってしまう
英国の高名なフットボール記者が書いたコラムをよりぬいたお話し
ボクはプレミアリーグや欧州のクラブにはあんまり興味がなくて
知っている名前もあれば聞いた事のない名前もあったけど
そんなのに関係なく充分楽しめます(きっと)
一層のこと 地域に根差したローカル紙のコラムも読んでみたいような気もするけど..
ボクが イングランドのスタジアム(出来ればウェンブレー)でゲームを観る
そんな夢ががなうのはいつかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2014-04-17 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 青島 ■ 久々に潜入捜査 >>