■ この週末は桜花賞やんか!

高松日帰り出張のお供
持って行った三冊を読み終えたので
これで図書館から借りていた本を返せた
今は貸出数0 予約数10
いつもなら 適当に予約本確保のお知らせが来るけど
来ないね
まとまってドカっと来そうな予感

ようやく寒波が去ったのか いい天気
朝晩は寒いけど まぁこんなのはへっちゃら
今はセーターやフリースを着ているけど
もうそろそろ脱げるかな

この週末
またしてもイベントがある
日曜はお休みできるから 土佐路の残りを打とうか
実は前回高知を廻ったときに目にして気になっていることがある
それは国道を走っていてふと看板を見つけたんだけど
「中日そば」なるもの
そのときは何も思わなかったんだけど
調べてみると うどんの出汁の中に中華そばを入れて食べるものらしい
う~む
よくわからないけど 姫路の駅そばみたいなものなのか?
今回はちびっと遠回りになるけど 是非 食べたい!

土佐路を打っている場合ではないのか
この週末は桜花賞ではないか!
全く研究していないし 盛り上がってないなぁ
ハープスターが断然のようだけど...
今週のスポニチを熟読して決めようと思います
(これで2年連続して現地観戦なしか...)
先週末
サンフレはアウェイでグランパスを一蹴してる ええ感じ
塩谷は代表候補の合宿にも呼ばれているし
一気にブラジル行きか?
今週末はホームのナイターでFC東京戦だけど イベントがあって行けない
幸い NHK-BSで中継してくれるから
例によって「そらともり作戦」かな

   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆

「お嬢さん、空を飛ぶ」(松村由利子 NTT出版 ISBN:9784757142718)
ボクも時々飛行機を使って出張や旅行へ行く
速くて快適な乗物だ
一度でいいから自分の手で大空を駆けてみたい そう思う
飛行機が発明されてから100年近くになるのかな
そんな大正初期に米国の女性飛行家キャサリン・スティンソンが来日して
曲芸飛行を披露した
このス嬢に影響を受けて自分で空を飛んだ日本の女性たちを取り上げたノンフィクション
ふ~む
憧れを憧れで終らせずにその手に掴むのは
強い意志と実行力(それに経済力も)が必要なんだと
(この題材とは関係なく)改めて強くそう思う
チャレンジした彼女たちから力を貰ったわけではないけど
なんかしらん「頑張ってみようかな」と思う
また
「女だから」「女なのに」という強い風潮の中
路を切り拓いて行った彼女たちに拍手です!
しかし
飛行機と新聞社との関係
そして 飛行機と戦争の関与
わずか100余年で空を飛ぶとはこのように大きく変わったんだなぁ...

   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆

「翔ぶ少女」(原田マハ ポプラ社 ISBN:9784591137277)
このお話し いったいどういう評価をすればいいのか
ぎりぎりの線で小説なんだろうけど...
あとほんの数ミリ行っただけで荒唐無稽なゲテモノになってしまう
でも わからないでもない
阪神大震災で目の前で父母を亡くした三兄弟(男1女2)
上から逸騎・イッキ 丹華・ニケ 燦空・サンク
その三人を引取った医師
二番目の長女丹華の成長を通して 心と神戸長田の再生が描かれています
この書き手さんは神戸の方なんですかね
神戸の言葉がいきいきと描かれているのが印象的
万人におすすめできるわけじゃないけど
阪神大震災や東日本大震災で心に傷を負った方にはいいかもしれないし
すっと受け入れられるような気もします

   ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆

「組織で生き残る選手消える選手」(吉田康弘 祥伝社新書 ISBN:9784396113544)
書き手の吉田康弘
一時 サンフレッチェにも在籍し いまは横河武蔵野FC監督を務めている
自身のプロのキャリアを振り返りながら
サッカー選手としてどうキャリアを積んでいけばいいのか
いや ゲームに出るためにはどうすればいいのかを書いている
「今のパスの意図は何だ」と問い詰められたというエピソードが印象的
つまり プレー一つひとつに考えなり意思が必要だということ
なんとなくとか苦し紛れとか楽になりたいとか そんな基準でプレーは選択できない
常に考えてプレーをする
その考えてとは どうすればゲームに出られるのか そうすれば勝てるのか
やれと言われたからするのではない
なんだか 身につまされる思いだ
何もはるか彼方昔の自分のプレーを思い出しているのではない
ここに書かれているのは
サッカーのピッチ上に限ったことではなく
仕事でも生活でも いや人生そのものがその対象だと置き換えてもいい
あゝ ボクはな~んにも考えずに漫然と人生を浪費してしまった
なるべく平易な言葉を選んで書かれてます
サッカーをしている子供を持つ親御さんでもいいし
サッカーの指導者になりたてや悩んでいる方もいいかもしれない
そして何よりも
社会に出て数年を経てモチベーションを失いかけている若い人に読んでもらいたいな
額面どおりにしか受け取れない人にはダメかもしれないけど
まずまずのオススメ
[PR]
by hangzhou21 | 2014-04-08 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 鉄釜 ■ ミニストップのお弁当 >>