■ 皇帝のり

おみやげは
なっちゃんに教えてもらった「皇帝のり」
これいつもなっちゃんから貰っていたんだけど かなり旨い!
その他にもごにょごにょっと
でも 昔に比べたら好奇心が磨耗してしまったのか
ほとんど買わなかった
唯一買ってしまったのが アルマイトで出来た昔のお弁当箱かな
これ いま ソウルで「昔の弁当」という感じで メニューに入ってるのよね

月⇒水とお休みしていたので今週は木曜スタート(良かった!)
でも とてつもなく眠い!
しまなみ海道の途中にある伯方島で打合せ
その道中 運転は若いのに任せて爆睡してしまった...
夕方からは雨
気温も下がって ソウルのあの陽気はなんだったのかと思う
さすがにもうストーブは要らないだろうけど...

いつの間にか甲子園は終ってプロ野球開幕
温泉へ向かう道すがら
ラジオの野球中継を聴く季節になったんだな


    ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「驚きのアマゾン」(高野潤 平凡社新書 ISBN:9784582857122)
アマゾン流域を長く旅した写真家の書き手さん
淡々とそこで体験したことを綴っている
読み手に感動を与えようと妙に力んでいないところが
いいんだけど ある意味肩透かしでもある
自分の経験や進んできた道を声高に叫んでいない
読み手に“そこは考えてね”と言ってるようだ
アマゾンの濃厚な自然にはボクには考えられないような
様々な営みや命があるんだな
これらを人間は後世に伝えて行くことができるのだろうか
読み終わってそう思った
写真家らしく素晴らしいカットが収められているんだけど
新書サイズなのが惜しい
また 本のノドにかかるようなトリミングは不親切ではないか
(まぁ仕方ないけどね)
[PR]
by hangzhou21 | 2014-04-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 汗を出したい! ■ 現地解散 >>