■ 俄かお遍路さん二周目九日目

まだ降ってる雨の中
たかのこの湯で朝風呂
(何度も書いてるけど)ここの露天 寝転がれるお湯はほんまにいい!
すっかり癒されるなぁ...

昨日の甲子園
広島の新庄投手 頑張ったけど再試合
山岡くん 今日も投げたから 相当な球数になってるはず
甲子園は素晴らしいけれどその魅力が大きすぎてまさに“魔物”だな
甲子園で活躍するの大きな目標のひとつだけど
そのために18歳までに 心も身体も燃え尽きてしまうのはどうなのかな
でもな それもいいかも
全ての球児がプロを目指すわけでもないし...
3/25の春の愛媛県大会 中予地区の予選
済美高校は安楽くんが登板しないまま二回戦で負けてたけど...

SpanishExpress
やっぱりチューブがパンクしていた
これを修理して ついでにタイヤも交換する
ずっと前にウエパ~で投げ売りされていたのを買った
VREDESTEINのタイヤ
今までのは白い帯が入っていたけど 今日からは真っ黒!
なんだか締まった感じになった!
夕方に重信川コースをぶらりとポタリング(久しぶり~!)
途中 自転車道の舗装がずいぶん新しくなっていて
さぼってるうちにいろんなところが変わってました はい


■ 50番 繁多寺
媛彦温泉の上のほう
春の嵐なのに けっこうな人出
門から本堂まで一直線に伸びる
こんな札所だったなと記憶が蘇る

■ 49番 浄土寺
たかのこの湯やそらともりのすぐそば
駐車場の向かいには「久米之癒」の第四源泉という表示もある
少し段差があるけどコンパクトな境内は地味な印象
強い風の中 ツバキの朱

■ 48番 西林寺
松山市内から砥部へ通じる道の途中 サクラがキレイ
立派な仁王門をくぐるとコンパクトでフラットな境内
外国人の巡礼姿も
お参りを済ませ 印をいただく
これで33ケ所になりました


    ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆     ◆  ◇  ◆


「政と源」(三浦しをん 集英社 ISBN:9784087806854)
ふたりあわせて150才!
同い年で幼なじみのジジイ二人のお話し
この書き手さんだけに上手い!
学校を出て銀行を勤め上げた国政
今も現役で“つまみ簪”職人の源二郎
生活も境遇も性格も全く違う二人なのに なんだかんだといつもつるんでる
二人に共通しているのは
この東京の下町で“一人暮らし”をしているところ
神経質で細かいうえに引退してしまってヒマな国政の独白でお話しは進んでいく
幾つになってもお話しのネタは尽きないどころか
悩みや妬みがあるもんなんですね
続編あるのかな
今度は 源二郎の視点からお話しを進めたらおもしろいかも!
まずまずのオススメです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2014-03-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 現地集合 ■ 今治からバスに乗って >>