■ イチゴ狩

朝から雪が舞って風がびゅーびゅー吹いてる
この真冬の様相の中 双海で“イチゴ狩”
申し込んだときにはこんなに寒くなるとは思ってなかった!

ハウスの中は汗ばむ陽気
しかも 意外と楽しいやんか!
最初はなかなか食べ頃のイチゴが見つけられなかったんだけど
慣れてくると(いやお腹が少しふくらんで余裕が出てくると)
なんで最初は目に入らなかったんかと思うほど 美味しいイチゴが生ってる!
もうしばらくはイチゴはいいですと思うほど食べた
本当に楽しいかどうかは別として
料金も1,200円だし まぁ 騙されたと思って一回いかがですか?
行ったのは「いちご園みどり
気のいいおじさんが優しく教えてくれます!
完全には赤くならない「あまおとめ」がいいです
完全に春になるまでは1週間以上前に予約したほうがいいと思います
(気のいいおじさん 当日の問い合わせ どんどん断ってました!)
まぁ しかし イチゴってそんなにたくさん食べられるもんとちゃうね
最初の10分は時間を持て余すかな~って心配だったけど
食べ放題60分勝負はあっと云う間でした はい!


 ***     ***     ***


「先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806714583)

このシリーズもう第7弾目
くすっと笑ってしまう面白さ
今回も 自宅でアシナガバチの観察をされてたり
ヤギにイガラが付いた葉っぱを食べさせて悶絶させたり 小林先生大活躍です!
そんな中でも ヤギ部の古参部員ヤギコがもういなくなってしまったって...
淋しいですね
まだまだ続くと思います 新刊が出るのが楽しみ!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-02-11 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 明日はイベント ■ 完全移籍即レンタル >>