■ 愛媛で歌舞伎

朝のラジオ
聞き流していたら
海老蔵がしまなみ海道のどこかで公演をすると云ってる
気になって 少し調べてみると
「しまなみ歌舞伎」と銘打って
今年の6月7日と8日
会場は大三島の「大山祇神社」 境内に特設会場を設けるそうだ
演目は決まっていないけど
この場所だと 源平モノになるのかな
チケットは争奪戦となるのかしらん?
もうひとつヒットしたのが
昨年は三月の終わりだった「宇和島歌舞伎」
今年は今月の31日と2月1日らしい(知らなかった!)
まだチケットあるかな?(明日にでも電話して訊いてみよう)
大掛かりな演目ではないけど
猿之助と海老蔵 こんな人気者が来るのは凄いことだし
いいことだと思うな

出来れば
内子座に巡業が来てくれれば それが一番ええんやけど...
せっかく素晴らしい器があるんだもの
どこにでもあるような ひめぎんホールよりずっといい!


  ***     ***     ***


ふと気になってちょこちょこアマゾンで検索してみる
川西蘭の「セカンドウインド」の続きはどないなってんねん!
碧野圭の「銀盤のトレース」もまだ途中だし
バトミントンの「ラブオールプレー」だって続きが読みたい!
また 須藤靖貴もそろそろ新刊が出てもおかしくない
すると
「デッドヒート3」(須藤靖貴 ハルキ文庫 ISBN:9784758437905)
なんと気付かなかったけど12月に出てる
これなぁ まだ2も買っただけで積読やしなぁ...
(決して面白くないわけじゃないけど...)
それにこの書き手さん もうすぐ相撲のお話しで新刊が出るみたい
(2月「大関の消えた夏」(PHP研究所 ISBN:9784569817385))
こちらは3月
「君が輝く季節 ラブオールプレー」(小瀬木麻美 ポプラ文庫 ISBN:9784591139356)
このシリーズも4冊目か...(こっちはちゃんと読んでます)
川西蘭と碧野圭は予定ないみたい
もうすぐソチ五輪開幕だし 朱里ちゃんの活躍の続き読みたいな

どんどん新刊は出るし
最近はとんと買わなくなったけど
それでも積読の高さはいっこも減らへんなぁ...
寒いからお家で本読もう!
(でも寒いからついつい飲んでしまうねんな)

どこかで見かけて タイトルがちびっと気になった
「牛丼愛」(小野寺史宜 実業之日本社 ISBN:9784408536378)
あれ この書き手さん
ちょっと変わった切り口のお話し
「転がる空に雨は降らない」(新潮社 ISBN:9784103325413)
やっぱりそうだ!
でも 図書館待ちかな

早いもので
今週で1月が終る
この週末はもう2月やんか!
ということは 1月はいっこも当たらへんかった!
というか 当たる予感すらせえへん...
9R参加して 的中ゼロ ▲9,000円 大丈夫かいな!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 咳 ■ 寝汗で目覚める >>