■ 俄かお遍路さん 第三日

前回の俄かお遍路さんのときは
一日で廻れるだけどんどん廻ってしまおうというスタンスだった
おかげで 全く記憶にない札所もあった
今回は一日に5~6寺にしてゆっくりお参りしよう(と思ってる)

徳島 小松島を経て南下していたんだけど
箱根駅伝の興奮冷めやらぬなか
「徳島駅伝」開催中
国道55号線をランナーたちが北上してくる
駅伝っていいね

■ 23番 薬王寺
門戸の自宅を早朝に出発し
徳島の南の端っこにある23番薬王寺
ここまで190kmほどありました
この薬王寺と室戸岬近辺は松山から最も遠い
小松島あたりできれいな陽の出が見えた
ここは厄除けのお寺なんですね
早朝から(思ったより)多くの参拝者
東向きの斜面だから 晴れた日ざしがやわらかくて嬉しい
向かい側の山には日和佐城が見えるんだね 前は気が付かなかった
厄年の数だけある石段 各段に一円玉やら五円玉が置かれている
数を数えながらお参りするのですね
一番上に 本堂と太子堂
納経堂では おだやかなおじさんの顔が迎えてくれ なんだかほっとしました

■ 24番 最御崎寺
印象はその時の気候や時間で大きく変わるものなんだな
前回は 夕暮れ しかも雨こそ降っていないものの風が強かった
ほんとうに岬の先端 崖の上にあって“孤高”という雰囲気だった
今回は 朝 そして穏やかな晴れとあって明るい
駐車場から山門へ至る参道にはキバナアマ(黄花亜麻)が柔らかい
フラットなロケーション
奥に本堂 手前の左手に太子堂 右手には宝堂(二重の塔)
明るいけど静か

■ 25番 津照寺
港からすぐにある
港湾施設の空いた場所にQちゃんを停め 寺へ向かう道筋に魚屋さんがある
(この日はまだお正月だからなのかシャッターが下りていたけど)
ゆるやかなスロープをあがると 山門
その先の急な石段の途中に独特のフォルムをした竜宮門
が 本堂は瓦の葺き替えでこの石段は上がれない
納経所脇の太子堂が仮本堂だという
ちびっと残念

■ 26番 金剛頂寺
本当に大丈夫かなと思ってしまう道を進むと
ようやく駐車場が見えてきます
急な石段を上がりきってしまえば 割とフラットでコンパクト
いがぐり頭の少年が箒で掃除をしていました 感心です!
駐車場の維持費で普通車は200円 納経所で納めます
室戸市内は24番からまとまって札所があり
得したような損したような...

■ 27番 神峯寺
割と厳しい山道を走る(もっと厳しい山道に比べると“わりと”になります)
ほんまにこの道で大丈夫なんかと思いながら
ようやく着いた駐車場にQちゃんを停めてからも急角度の道をたどる
息が上がりそうになって着いた山門からも石段を上がってようやく納経所
本堂 太子堂 納経所 各々が厳しい石段で結ばれています
足腰の鍛錬になるなぁ...
途中の庭木の手入れが行き届いていて いい感じ
納経所の奥には岩清水が滝から流れ落ちています
ここは山深く 駐車場の志納金300円もうなずけます

■ 28番 大日寺
55号線をずんずん進み ようやく平野が広がってくると
野市という交差点で右に折れます
たどって来た県道を鋭角に折れる山道に導かれると すぐに駐車場です
山門をくぐると コンパクトでフラットな境内
立派な本堂にのびのびとした雰囲気
早朝からお参りしてきたのだけど ここではもはや夕暮れの気配
冬の一日は短い
今日はここまで
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 温泉三昧 ■ えべっさんとライスボウル >>