■ 少し不思議。

ウィークディは帰りが遅くなる
いったん帰ってしまうともう出る気がしない
でも 金曜夜に限り 松山近郊の温泉めぐり
いろいろ考えたけど 気持ちがいい「たかのこの湯」にしよう
少し高いけど キレイだし なにしろお湯が気持ちいい!


   ▲  ▼  ▲    ▲  ▼  ▲    ▲  ▼  ▲


「少し不思議。」(天久聖一 文藝春秋 ISBN:9784163825304)
“少し”とちゃう!
なんとも不思議なお話し
書き手さん それこそ“身を削って”このお話しをこさえたんだろうな
少し俯瞰的に見て そう思った
てんでバラバラで出鱈目(?)なパラレルワールド(?)が展開される
面白く読めるのか
身につまされるのか
それとも 切実に感じるのか
それは 読み手によってかなり異なることんだろうな
ボクは鹿児島の実家の皆さんとおんなじスタンスでこのお話しに接してしまう
あの大震災で引き起こされたさまざまなこと
(もちろん今でも“現在進行形”なんだけど...)
こうして語ることが大切なのかもしれへんな
軽妙な語り口
なんだか“吾妻ひでお”のお話しを読んでいるような気がしました
次回作に期待したいような そうじゃないような...
ごっつい不思議なお話しであることは確か はい
(たぶん)一気読み すぐに読めるんとちゃうかな
[PR]
by hangzhou21 | 2013-11-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 松山でカンフリ ■ 10月のお昼 >>