■ 空気が澄んでる

朝焼けがキレイ
松山へ来てから一番かな
晴れているのはもちろん 空気が澄んでる
川之江駅のホームから見た夕焼けも美しかった
一年のうちで一番いい季節

帰り道できれいな夕焼けを見るということは
事務所に戻るときはもうまっくら
パソコンも入った重たいカバンを手にしてよたよたとたどり着く
つい先日まで西日が眩しいと思っていたのに
そんな季節になったんだな

「たつ家のおうどんが美味しいですね」と云ったら
「実は ここも美味しいんです」とうどん屋さんを教えていただく
よっしゃ
次回 四国中央へ来るときには是非行こう!


   ▲  ▼  ▲    ▲  ▼  ▲    ▲  ▼  ▲


帰りの特急「しおかぜ」号の車内でようやく読み終えました

「海賊ユートピア」(ピーター・ランボーン・ウィルソン 以文社 ISBN:9784753103119)
結論を云うと
“辛気臭くて退屈”
でも
それでも読んでしまったのは
“海賊”という言葉が持つ魅力なのかもしれない
海賊って 現代ではソマリア沖なのか マラッカ海峡なのか
今でもいるんだなぁ
17世紀に活躍した海賊野郎ども
ジブラルタル海峡の西側
現在のモロッコにたくさんいたそうだ
その海賊たち 改宗者(キリスト教→イスラム教)でありアナーキストだった(らしい)
それ故かどうなのかわからないけれど
文献による資料がほとんど残っていない
そうか〜
海賊ってカリブ海だけに居たのではないんだ
まぁ そんなことがわかります
案外と真面目なお話しです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2013-09-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ いもたき ■ レイソル哀歌 >>