■ 前期後期制

雨模様の東京から
夏の趣がわずかに残る松山へ舞い戻る
そういえば 夏の頃に東京へ行ったときほど“違和感”はなかったような
それにしても 東京はヒトやクルマの多さ それにビルの数 圧倒される
空が大きくて広い松山のほうが落ち着く

少し前のこと
2015年のシーズンからJ1は前期後期制で行うと発表している
この前期後期制 いいのか悪いのか
コアなサポーターからは“絶対反対!”という声が出ている
でも コアなサポーターからだけではクラブが潤うだけの売上が上がってない
スタジアムに足を運んでくれない“無関心層”に対して少しでも興味を持ってもらう
スタジアムへは無理でもTVのチャンネルなら合わせてくれるかもしれない
そのための施策として前期後期生がベストなのかどうかはわからないけど
何もしないよりずっといい(とボクは思う)
(詳しい数字は忘れてしまったけど)Jの観客はけっこう年齢層が高い
代表戦は若いのがわーわー詰め掛けるけど
クラブのゲームって案外そうでもない(とは思っていたけど)

前期後期制の是非を問う前に
どうしたらスタジアムに来てもらえるのかを考えてみた
スタジアムは快適なのか?
どこからも遠いしパーキングも満足な数は用意されていない
拘束時間が非常に長い
おまけに ゲーム中は立っての応援を強要される
雨が降ろうものなら びしょぬれだし
ハーフタイムだけで済むようなトイレの数もない
これでは
コアなサポーター以外には快適じゃなさそうだな
[PR]
by hangzhou21 | 2013-09-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ レイソル哀歌 ■ 壱太郎のプリン >>