■ 赤星駅

朝からクライアントと打合せ
なんとかご満足いただいているみたいで
「良かった」というか「ほっとした」
ボクはディレクターというかプロデューサーよりも
インタビュアーに向いているのかもしれない
そんな気がする
気になっていた締切も お話しの持っていき方が巧くいったのか
あんまり気にすることなくなった
良かった〜!


この打合せ
時間の都合もあって早々に終了
肩の荷が降りほっとしたのは確かだけど
次の予定までかなり時間が空いてしまう
伊予三島の街を駅へ向かってブラブラと歩く
いつものiPadだけじゃなくてパソコンも入ってるからカバンが重い
アーケードは死んだ街のようだ
どこまで続くのかと終わったのかと思うと 唐突に終わる
いつもバイパスや高速を走っているから
こういうところには目が向かないんやなぁ...
50年ほど前には賑やかな商店街だったんだろう
あの繁盛を思い出す人もいなくなり きっとこのまま朽ち果てていくんだろう

「赤星駅」で待ち合わせ
駅舎もない無人駅のホーム ベンチに腰掛けてメイルをチェックする姿は滑稽
最後の一鳴きなのかツクツクボウシの音が響いてる
短かったけど長かったこの一週間
ようやくおしまい
新開温泉でゆったりしました
[PR]
by hangzhou21 | 2013-09-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 彼岸の朱 ■ 一人じゃないんだな >>