■ 珍豚美人(ちんとんしゃん)

空調がほどよく効いたホテルは快適!
やっぱりノーエアコンディズは体調に良くないのかな?
気持ちがいいから外に出たくない!

「八月納涼歌舞伎」
8月の歌舞伎座 中村座の出番で三部制だったなぁ
今年はもちろん勘三郎はいないけど 中村座の面々がほぼ総出演
少し前に国立劇場で観た菊五郎の「髪結新三」すごい出来だった
今回は三津五郎の新三 あんまり期待していなかった
でも それは大きな間違い!
三津五郎がいいのはもちろん 橋之介 彌十郎が良かった!
亀蔵も顔を出してくれてたしね
第一部の「野崎村」も良かったです はい

今回のお弁当
事前の調査で三越の地下に「梅林」が入っているとのこと
迷わずに決まりです!
この「梅林」の箸袋 こないだ読んだ
「命を救った道具たち」(高橋大輔 アスペクト ISBN:9784757222076)
この中でアイテムのひとつとして紹介されててんなぁ...

松山へ戻る機内から
今治の「おんまく」や三津浜の花火大会
ちらっとだったけど 美しく見えました
あぁこうして夏本番なんやなぁ


「12月25日の怪物」(高橋大輔 草思社 ISBN:9784794219343)
あんまり期待もせずにこないだ読んだ「命を救った道具たち」(アスペクト ISBN:9784757222076)の書き手さん
そういう理由だけでページを開く
だったのに 一気に引き込まれてしまった
この書き手さんのテキスト 上手い それに 読みやすい!
タイトルから予想したとおり(もちろん表紙の装丁からも想像できるけど)クリスマスのお話し
いや クリスマスではなくサンタクロースか
現代のサンタクロースのイメージは1931年から1964年にわたって登場した“コカコーラサンタ”の下敷きになっている
そのことは何かで読んで知っていたけど
サンタクロースとはいったい誰なのか?
そんな素朴な疑問を解決するためにこの書き手さんは世界中を駆け巡る
それどころか 結局 クリスマスとは何なのか?
決して百店満点ではないけれど 十分納得できる
そして 書き手さんのフットワークの軽さに驚嘆する

納得できるのは
結局のところ クリスマスは新年を迎える行事であり
サンタクロースはそのひとつのピリオドなんだなぁ(たぶん)...
期待以上の出来です クリスマスの前にぜひどうぞ!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ からあげクン音頭 ■ 埼玉スタジアムはどうもなぁ... >>